痛風の原因


現在は、痛風が「膠原病(こうげんびょう=全身炎症性臓器疾患群)」の一種であるとる考え方が比較的主流であり、その根拠は、症例や症状が膠原病に分類されると考えられること、また、

明確なメカニズムの解明が行われていない

ことなどが大きいとされます。

ですから、痛風の明確な原因特定は現状では難しいというのが実際のところです。ただ、痛風の罹患者の多くが、体内で合成される尿酸の血中濃度が異常に高くなる「高尿酸血症」にも罹患しており、これに何らかのトリガー(原因因子)が加わることで「痛風」という形で明確な症状を示すことが多いと考えられています

ただ、その「何らかのトリガー」が、現状では解明されていません。そして、このあたりが「膠原病の一種」という考え方の根拠にもなっています。ただ、東京薬大、防衛医大、東大の研究グループが、「大腸、小腸の働きが痛風とかかわっているのではないか」との見解を示し、長い間我々人類の手に負えなかった痛風の秘密が、実に意外な方向から解明されるかもしれないという明るいニュースが報じられたばかりです。なお、この件に関しては現在さらに研究がすすめられています。

という具合に、痛風の直接的な原因は解明されていないものの、痛風とかかわりが大きい「高尿酸血症」の原因はある程度わかっています。これは広く知られている「プリン体の摂取」ですが、しかしこのことに対しては懐疑的な意見もあるようです。実際、医師の中には「バランス良く食べれば何を食べてもいいし、アルコールもほどほどなら問題ない」と断言する医師もいます。


血中濃度の尿酸が異常に高くなる事が原因


痛風の原因で今現在分かっていることは血中濃度の尿酸が異常に高くなるという事です。高尿酸血症は血中尿酸濃度が7mg/dLを超えた状態でなぜそうなるのかは尿酸の排泄が低下して高くなる人産生が進んで高くなる人がいます。

ただ、それだけでは痛風の症状になる原因にはなりえません。高尿酸血症という基礎があり、そこになんらかのキッカケが加わり痛風の症状になっていくのです。実際に

高尿酸血症患者のすべてが痛風になる訳ではありません

痛みの原因となるメカニズムとしては尿酸が体の中で飽和状態になり結晶化されて関節などに付着します。この結晶化された尿酸を白血球が攻撃を行いその影響から血管壁にダメージを与え炎症などを起し周辺の神経を刺激して激痛が起こります。

ではその「なんらかのキッカケ」となる引き金についてまだまだ解明されていない部分は多いですが脱水症状によって引き起こされる急激な尿酸値の変化がきっかけとも言われています。脱水症状は激しいスポーツなどでも起こり得ますがアルコール摂取によっても引き起こされます。

アルコールの場合は代謝させる際に水分を使用することから起こる脱水症状にさらに尿酸排出が遅れることで尿酸値を激しく変動させてしまいます。もちろんこれはアルコール以外でも尿酸コントロール薬の投与によっても引き起こされます。不透明な部分は多いですが痛風患者のほとんどが男性という事実から導き出せばいづれ痛風の本当の原因というのを導き出せる日が来ると思います。

痛みが伴う発作の原因


痛風という病気の詳細なメカニズムは未だ解明されていません。しかし、痛風による激しい痛みが発症するメカニズムはすでに解明されています。痛風は、何らかの原因で血中の尿酸値が上昇し、血中に解けていられなくなった尿酸が結晶化し、これが

トゲのような形になって関節部の神経を突き刺す

ことで激しい痛みを引き起こします。これが痛風の「痛み」が発せられるメカニズムです

痛風という病気は、尿酸値が何らかの原因で上昇する「高尿酸血症」という病気の顛末として起こるケースがほとんどです。尿酸値が低いにもかかわらず、痛風とそっくりな症状を呈する「偽痛風(ぎつうふう)」という病気もありますが、これは痛風とはまったく別の病気で、こちらはメカニズムも解明されています。したがって、「原因のわからない痛みが痛風」ということではなく、血中の尿酸値を計測し、「高尿酸血症」を発症した人がその候補になるといえます。

食べ物が原因で痛風になるのか


痛風と食べ物との関係は非常に密接であるといわれています。なぜ密接なのかというと、これは、痛風を発症してから、あるいは発作中、さらには発作が治まってからという、どのタイミングでも非常に食べ物との関連性が濃いからです。しかも、「痛風にかかる前」についても同様です。

つまりそれは、「痛風に罹る原因が食べ物にある」という考え方も昔から有力視されていたということになります。これについては正直なところ、「どちらともいえるし、どちらともいえない」という、いかにも煮え切らない答えになってしまうのです。つまり、「食べ物が原因で痛風になる」ということは十分あり得ることであるということです。

ただし、誤解していただきたくないのが、「プリン体を摂取したからといって痛風になるとは限らない」ということです。確かにプリン体は、痛風の痛みの直接的な原因となる「尿酸」を生成することは間違いありません。しかし、それはあくまでも、「痛風の発作に苦しむ人が、少しでも尿酸値を下げるために必要なこと」であるということであるととらえて問題はありません。

痛風を発症する明確な原因はまだ解明されてはいません。ですから、プリン体を含む食材を摂取することが原因で痛風を発症する可能性はあるものの、一般的に考えればそうでない可能性のほうがはるかに高いのです。では、なぜ「食べ物が原因で痛風になる」という可能性が十分に考えられるのかということについてお話したいと思います。

痛風は、免疫力が低下することで起こるのではないかということがどうやらわかってきています。とすると、今度は免永力が低下するというのは果たして何が原因であるかということを調べる必要があるのです。もちろん免疫力の低下のすべてがそうであるとは限らないですが、免疫力はストレスの蓄積によって起こりやすいと考えられているのです。

食べることとは無関係であるかに感じられるかもしれませんが、しかし、たとえば塩分の摂りすぎだとか、毎日毎夜の飲みすぎ、食べすぎなどによって、内臓をはじめ、さまざまな器官や、ひいては細胞にまでストレスが蓄積されるとすると、免疫力は低下する可能性が高まります。

そういう意味では、

食べ物と痛風は関係している

ととらえるべきでしょう。人間は、自分の身体をいじめながら生きているようなものです。みなさんがすべて、自分の身体を真にいたわるようになるとき、痛風という病魔はこの世から消えるのかもしれません。

痛風の原因物質って?


痛風の原因物質というものがありますが、ここでまずはっきりしておくことがあります。まず痛風の原因物質は尿酸です。そして尿酸の原因物質がプリン体ということになります。これを基本に考えていきましょう。痛風の直接の原因は、この尿酸が増えることだと考えられています。では尿酸とは何なのでしょう。尿酸は膀胱結石の中から発見された物質だと言われています。そして尿酸は生物の情報とエネルギーに深くかかわる物質の最終産物ということが解明されたのです。

つまり遺伝子を構成するDNAや、エネルギーを燃やす役割のATPが分解されて尿酸になるとのこと。体の中での情報やエネルギーを調整する物質が、分解されてできた老廃物ということになります。尿酸は動物では分解されるため体内蓄積はありません。

しかし人間や霊長類は尿酸を分解する尿酸酸化酵素というものがないので、溜まってしまうと言われています。これは人間すべて遺伝子欠損しているとのこと。健康な人は1日0.6gの尿酸が作られると言われています。

この尿酸量が多くなってきたり、排出が低下すると尿酸は体内に溜まってしまい、それが痛風を起こすします。尿酸はプリン体の老廃物なので、

プリン体の排出処理のトラブルが痛風の原因になる

ということです。

さて尿酸は誰の体の中にも常時一定量存在し、血液や体液に溶けて循環しています。尿によって排出されてますが一部は消化管から排出されるとのこと。何かの原因で血中の尿酸量が増えてしまうと、蓄積してしまうようになるのです。

蓄積してしまった尿酸はナトリウム塩となり結晶になってしまいます。この結晶こそ関節に溜まり痛みを発生させてしまうのです。尿酸塩に対して免疫機能によって、白血球が反応して炎症を起こし攻撃してしまいます。痛風の患者は心血管障害、脳血管障害など重大な疾患の合併することも多い、これ以上は注意すべきというイエローカードと考えるべきではないでしょうか。

痛風の原因はプリン体?


痛風の原因はプリン体と言われています。ではプリン体とはいったいどういうものなのでしょう。プリン体は細胞の中にある核酸を構成する成分の一つです。これはどんな動植物にもあると言われており、私たちが食べるものの中にも、ない物の方が少ないと言えます。

私たちはさまざまな代謝が行われますが、それによって不要になった細胞の中の核酸が分解されて尿酸と変化します。その尿酸は排出されていくものですが、たくさん発生してしまうと排出することができずに関節に溜まる性質があるのです。これが、痛風の始まりになります。

わたしたちの体内のプリン体には食べ物から摂るプリン体と、体内でつくられるプリン体があります。体内では新陳代謝による核酸の分解によってつくられます。いらなくなったプリン体は肝臓でろ過されて尿となって排出されていきます。そうやって尿酸は正常な場合は体内で一定量がいつも保たれています。それが多くなることが続くと関節に

血症となったプリン体が溜まっていくのです

これを体内の免疫は異物と感じ、これを攻撃するために炎症を起こすことで痛風が発症します。痛風は常時痛いのではなく、発作が起こると強烈な痛みが襲うというものです。このようにプリン体は確かに痛風の原因となります。しかしこの痛風は高脂血症、高血圧症、糖尿病などを引き起こす原因にもなると言われています。

そこで食品では卵巣、精巣、内臓、乾燥による細胞の凝縮されているものを注意しましょう。またアルコールではビールの原料の麦芽に多く含まれているため痛風には良くないと言われているのです。ただし、アルコールの場合はいくらプリン体が少なくとも、飲み過ぎになると尿酸が増えすぎてしまうので注意する必要があります

またプリン体は水に溶け出す性質があるので、ゆでたり煮たりして煮汁を捨てるとプリン体はずっと減ってしまいます。このようにプリン体が多いものでも上手に料理すると、なんでも食べることができそうです。またよほど注意しなければならないもの以外は、食べすぎないこと、飲み過ぎないことを注意すればほとんど問題ありません

痛風の原因は酒の種類より量が問題


痛風の原因は本当に様々です。結局、最終的にはプリン体が多く体内に増えてしまい、尿酸が排出できずに関節に溜まってしまい炎症を起こすということになります。その原因は幾つも重なっていることも多いようで、例えばストレス、早食い、大食い、アルコールの飲み過ぎ、遺伝などがあります。アルコールに対しての考え方をまとめてみましょう。

痛風や痛風予備軍になると、多くの人はプリン体に対して非常に意識するようになります。特に日常生活の改善が病気の改善にもつながるため、多くの人がプリン体と戦っているのではないでしょうか。そのためプリン体が多いと言われているビール党の人も、プリン体ゼロのものを選ぶなどの注意をしている人も多いはず。

しかし例え焼酎のようにプリン体がゼロであっても

それとアルコールとは別問題です

飲み過ぎはあくまでも尿酸を増やすことになるのです。そのため飲み過ぎない程度のお酒ならプリン体の少ないものを飲むことはおすすめですが、飲み過ぎはあくまでも尿酸を増やす原因になるので注意が必要です。

痛風とアルコールの関係は、まずアルコールが肝臓で解毒されますが、そのときに尿酸の元とも言われているATR(アデノシン三リン酸)が使われて、尿酸の体内生成を促進してしまう結果となるのです。また、もう一つの理由として尿酸が生成されるときにつくられる乳酸が、尿酸が排出されるのを阻害します。つまりアルコールの飲み過ぎは、尿素の体内生成を促進させ、排出を阻止するということになるのです。

そのため本来なら痛風の人は禁酒するのが一番ですが、お酒好きには禁酒はまたストレスにもなります。ストレスも痛風には良いことではないので、できるだけ少なめに健康的な量を飲むようにするといいのではないでしょうか。

ある程度お酒を飲みたいためプリン体の少ないものを選ぶ傾向があります。 しかし実はプリン体の量よりアルコールの量を適量にすれば、特にプリン体のこともあまり神経質になることはないはずなのです。

では適量というのはどのぐらいでしょう。もちろん人によって肝臓の分解力も違ってくるので、いちがいには言えませんが、おおよその目安としてアルコール摂取量は1日純アルコール20gとされています。ビールなら500ml1本、日本酒なら約1合、焼酎の場合は120ml、ワインはグラス1杯半、ウイスキやブランデーならダブルで1杯。シングルなら2杯といったところでしょうか。そして週に2回は禁酒デーが必要と言われています。これは肝臓を休ませることも考えて言われていることです。

痛風の原因と治療と対策について


痛風の原因と治療法、そして予防対策を考えてみましょう。まず痛風の原因は一般の人なら1日600〜700mg程度の尿素が作られ、同じ程度の尿素が排出されるというサイクルになっています。しかし排出分よりつくられる方が多くなると、それが結晶となって関節に溜まっていきます。溜まった結晶を異物と察知した免疫機能はそこに白血球を発生して炎症を起こして異物退治を始めてしまいます。

痛風は尿酸値を増やさないことが大切ですが、尿酸値を高める原因として大食い、早食い、不規則な食事などを続けていることが大きな原因と言われています。そのため肥満の人が尿酸値の高い人の半数とも言われているのです。

またアルコール摂取の多い人も尿酸値が高くなります。プリン体というとビールというイメージがありますが、プリン体ゼロの焼酎であっても飲み過ぎは厳禁です。アルコールによって尿酸が体内でつくられるため絶対にアルコールは注意しなければならないのです。

他にもストレスも痛風の原因と言われています。ストレスは自律神経や免疫機能、ホルモンバランスなどにも影響してきます。それらの不調によって腎臓から尿酸が排出されにくくなり、どんどん体内に溜まってしまうということにもなるのです。

次に激しい運動をすると、疲労物質の乳酸が体内に溜まるため、尿酸の排出を妨げる原因となります。また家族に痛風の人がいる場合も多く、遺伝ということもあるとのこと。また腎臓病や高血圧の薬によって尿酸値を上げてしまうこともあります。このような

原因を考えることで、予防対策も見えてくる

のではないでしょうか。

さて、痛風の治療というと痛風関節炎の治療と、高尿酸血症の治療の両面から行うことになります。痛風関節炎の治療は、炎症を抑えるステロイド治療がほとんどとなります。高尿酸血症の治療は、生活習慣の見直しと尿酸降下薬による薬物治療があります。

特に高尿酸血症の治療の場合、血清尿酸値が8.0mg/dl未満なら薬は使わずに生活習慣を改善するだけの場合が多いようです。また数値がもっと高くなったときでも、肥満、高血圧などの合併があれば薬は使いません。しかし9.0mg /dl以上になると、薬を使った治療が考えられるようです


痛風の症状を自宅で改善する方法!