痛風の初期症状


痛風は何の前触れもなく突然激しい痛みに襲われることが多いことから、痛風に関する知識が多少あったとしても、

「あ、痛風だ!」と自覚する人は意外に少ない

ようです。ただ、「ある日突然激痛が・・・」というのが痛風発症の瞬間をとらえたお決まりのスナップショットになっている印象がありますが、これに関しては、少々見解の相違もあるか もしれません。

実は私も痛風の罹患者で、かれこれ10年くらい痛風と付き合ってきましたが、私が初めて痛風を発症した日は、「突然激痛が・・・」という感じではありませんでした。

確かに、足の親指の付け根周辺が痛んだのは事実ですが、そのときには痛風特有の疼痛ではなく、どちらかといえば、どこかでぶつけたのかなぁと思う程度の「鈍痛」に近い痛みでし た。ですからその程度では腫れもまったくありませんでした。

しかしそこから徐々に痛みがましていったために病院に行ってみたところ、初めて痛風であることを知るに至ったと いう形でした。とはいえ、軽い痛みを発症してから3日程度で「激痛」のレベルまで経験しましたので、やはり痛風の初期症状としては、「激痛」とか「疼痛」と表現されるレベルの痛みであると考えて問題ないでしょう。

また、一説によると、痛風初期の発作は未明から早朝にかけて起こることが多いとされます。私の場合は昼間、歩いていてなんとなく違和感を覚えたのが始まりでしたから、これも一概には言えないかもしれません。ですから、時間帯によらず、足の親指の付け根周辺が痛みだしたときには、痛風の可能性を視野に入れたほうがよいでしょう。

そして、私のように、ごくごく初期的症状で軽度の痛みであった場合、激しい痛みを発するまで我慢しないで、早めに病院に行くことで、激しい痛みを回避することができるかもしれません。

あの激痛は、初期症状にしても何にしても、できることなら金輪際味わいたくないので、早めの対処は絶対におすすめです。痛風の場合、初期的段階では一定期間何事もない平和な日々がすぐに戻ってきますが、悪化してくると、痛みを発する時間は徐々に長くなり、さらに次の発作までの時間も短くなってきます

初めての発症から3カ月後に2回目の発作が起こっていたのが、いつの間にかふた月間隔になり、やがてひと月間隔になるといった具合に、

徐々にそのサイクルが短くなる

という特徴があります。ですから、その都度しっかりと対処を行うことが、痛風の悪化を妨げるためには重要です。

痛風に発作の前触れは全くない


痛風は体の中で尿酸の量がある限界を超えたときに起こります。つまり体の中では確実に発作のカウントダウンが始まっていますが

それに気づくことはありません

ある時、突然その痛みによって理解するのです。

痛風の発作は深夜2時など、夜中に起こる人が多いのですが夜寝るときにはほとんどの人がまったく症状が無く眠りにつきます。まさか数時間後に痛風の激痛に襲われるとは夢にも思っていない状態で・・・。私の場合もそうでした。

突然、夜中に親指の関節に激痛が走り目覚めてしまうのです。そして痛む範囲も徐々に広がり痛みも増していくのです。その痛みは朝になっても止まず歩く事すら困難になるばかりか腫れもひどくなり靴を履く事すら困難になります。

しかし、病院など特別な事をしなくても2,3日断つとその痛みは忘れるくらいに無くなります。

今までの痛みが何だったのか?

と思うほど嘘のように痛みは無くなります。もちろん体の中ではいつ発作が再発してもおかしくない状態ですが身に染みて分かる痛みはとりあえず消えてしまうのです。

もちろん全ての痛風患者がこのようなパターンではありませんが一番多い痛風の症状、発作がこのような手順で進んでいきます。ただし、最初は想像したほどの激痛というものではないかもしれません。起きてしまう程度の痛みだとしても、風邪が当たっただけでも痛むという名称のような今までに経験した事のないほど強い痛みという訳では無い事も多いです。

逆にそれが痛風という自覚を鈍らせるのですが尿酸値は高いのは変わりません。痛みの発作が現れる期間も最初はかなりあることも多くほったらかしにしている人も少なくないのですが徐々に発作が起こる頻度が上がっていくのが一般的です。そのような進行をしない為にもしっかりと痛風を改善させる方法を実践するべきです!

痛風の初期症状とかゆみ


病気の苦しみのひとつに「痛み」があります。ケガによる痛みももちろん苦しいものですが、目に見えるというか、原因がはっきりしている分だけ、なんとなく気持ち的にはいくぶんラクかな・・・というところも正直あります。

しかし、病気による痛みの場合は、目に見えない部分が痛むわけですから、どこか不安であり、しかもその痛みが去ってはまた襲ってくるという繰り返しを体感していると、ほんとうにこの病気は治るのだろうかという大きな不安に打ちひしがれてしまうこともあります。

「痛い病気」というと、おそらく「痛風」をイメージする人は多いのではないでしょうか。もちろん痛風以外にも痛みを感じる病気というのは非常に多いですが、しかし激しい痛みをともないながらもどこか身近な病気というイメージも痛風にはあることから、比較的思い浮かびやすい「痛い病気」であるといえるかもしれません。

そんな痛風ですが、意外にも「痛み」以外の感覚を訴える患者さんもけっこういるのです.。それがどんな感覚かというと、

「かゆみ」の感覚

です。痛風は激しい痛みをともなう病気として知られてはいますが、その痛みがあまりにも激しいために、比較的初期症状で現れる「小さな痛み」に触れられるケースがあまり多くないといえます。しかし実際には、痛風の初期症状ではほぼ例外なく、「非常に小さな痛み」あるいは「違和感」のようなものを足の親指のつけ根あたりに覚えるのです。

その「違和感」の中に「かゆみ」が含まれるケースも多いのです。もちろん、痛風が重症化して激しい痛みをともなう発作に襲われているときにかゆみを感じることはありませんが、初期症状では意外と多くの人が、足の内側からのかゆみを感じているのです。

「蟻走感」とまでいうと言い過ぎかもしれませんが、そういった何かの動き、しかもそれが内部的なものである場合は、すでに高尿酸血症を発症していて、これから痛風を発症するというサインになっているかもしれません。そういうときには、迷うことなく病院で検査することをおすすめします。

手に痛風の初期症状が出るのか


一般的には痛風の初期的症状が出るのは

「足」である場合がほとんど

であり、手やほかの部分にいきなり症状が出たという症例はほぼまったくと言っていいほどありません。ただ、いきなり痛風の症状が手に現れたということがあり得ないわけではありません。これはよく言われる「患者さんの体質による」などという「あるある系」の話ではありません。

では、どういうときに、「いきなり手に現れた」という現象が起こるのかというと、これは、何らかの原因で足には痛みが起こっていなかった(つまり、痛風という症状ではなかった)ものの、すでに高尿酸血症は中度から重度の状態だったというケースが考えられます。

ですから、こういった場合は、痛風も初期症状とは言えず、発作としてもかなり重いものが予想されます。基本的に痛風という病気は、ほぼ例外なく「左右どちらかの足の親指のつけ根」あたりにやや強い痛みを感じ、これが徐々に悪化していって激痛に至るという、そのプロセスからしてたいへん恐ろしいものです。しかもそれはまだほんの初期症状にすぎません。

しかしこの段階で何らかの処置をしないと、

事態は徐々に悪化していきます

悪化すると、足首やくるぶし、かかと、足の甲などに症状はおよびます。しかしこの段階でもまだ初期症状、もしくは軽度の症状に分類される場合が多いです。しかしそれでもなおこれを放置すると、今度はいよいよ上半身にまで症状はおよびます。そうなってきると、肘、肩、手首、手の指などに症状が現われます。この段階では、もうすでに初期症状とは言えず、

中度〜重度の痛風であると診断される場合が多いです

それでも放置したら、ほんとうに命にかかわることになってしまいます。とはいえ、ふつうであれば、初期的な症状の時点で「放置する」という考えがあり得ないレベルの苦痛をともなうのが痛風ですので、よほど何かの事情でもない限り、進行しないように何らかの対策を講じることになるはずです。

ですから、痛風を発症したからと言って、あまり落ち込まず、しっかりと治療をし、この先いかに発作を防ぐかを考えれば、そうそう簡単に悪化するようなことはありません。過度の不安は不要です

女性にみられる痛風の初期症状


男性と女性とでは、痛風に関する症状が違うのかという疑問もありますが、結論からいえば、

男性も女性も

「足の親指のつけ根が激しく腫れあがり、激しく痛む」という

痛風の典型的な症状が平等に襲いかかってきます

また、痛風の初期症状の違和感、あるいはかゆみといった症状も、男性だけでなく女性にも起こります

男性が「男性特有の病気」であると認識している分にはそれほど問題は起こりませんが、問題は、女性が「男性特有の病気」であると認識している場合です。

つまり、男性と同じような症状が現われていても、女性である自分には(痛風という意味で)無関係であると解釈してしまうことが大きな問題になるわけです。

大切なことは、どこかにぶつけたとか、あるいは何か大きな衝撃を与えたという記憶がないにもかかわらず足に違和感を覚えたのであれば、男性女性にかかわらず、痛風を発症している可能性があるということをしっかりと認識するということです。

痛風の初期症状をチェックする


発作がおこる病気というのは、基本的には完治しないケースが多いです。いかにして発作を起こさないかというところに重点が置かれるのは間違いないですが、しかし、病気を発症したことがない人にいきなり発作に襲われてしまったら、これはもう完全に不意打ちであり、どうにもならないということになってしまうでしょう。

ただ、「痛風」という病気のことが意識のうちに刻まれているのであれば、もしかしたら対処することができるかもしれません。それはつまり、

初期症状をチェックすることは十分可能である

ということなのです。痛風のイメージというと、おそらく少しでも知識がある人であれば、「ああ、痛風ってめちゃくちゃ痛いんだってね」というイメージになるのではないかと思います。

また、実際に経験したことがある人ならば、あの痛みはもうもはや常識の範囲をはるかに超越した痛みであると、きっと多くの人が思うことでしょう。だからこそ、痛風の発作は、その知識がある人ならそうとう恐ろしいものであるという警戒心が芽生えるわけです。

ところが、痛風の初期症状の場合、そこまで大げさな痛みにならない場合が多いのです。というのも、痛風になったという人の話を聞いてみると、多くの場合、「あれ、どこかにぶつけたかな・・・」という

ちょっとした違和感程度の痛み

が、足の親指のつけ根あたりに起こるのです。ただ、場合によってはその日のうちに本格的な発作が襲いかかるかもしれませんし、その日の夜はなんとか我慢できたとしても、翌日にはもう真っ赤に腫れあがってしまっているという場合もあるのです。

ですから、初期症状のうちに、「もしかしたら痛風かもな」と思い当たることができさえすれば、早目に病院に行ってチェックを行い、薬と痛み止めをもらって1回目の発作は大ごとにならずにすんだ・・・ということもあります。

ただ、初期症状では、これがのちにあの恐ろしい痛みにまで発展するとはとても思えないような、まさしく「どこかにぶつけたときの痛み」という程度の痛みにとどまってしまいので、なかなか痛風にはつながらないというのも事実なのです。


痛風の症状を自宅で改善する方法!