プリン体とは何か?簡単ざっくり知っておこう


プリン体ゼロのビールや食品が今ちまたに出まわってきました。「なんだか体にいいんだろう」ということはわかっていても、実際にはどんなものなのか簡単にわかりやすくご説明しましょう。

プリン体は食べ物から摂るものと体内で作られるものがあります。そして最近はプリン体の体内生成が約80%、食品摂取が約20%ということも解明されています。

さてプリン体をわかりやすく言えば、穀物、肉、魚、野菜など食物すべてに含まれる成分です。特に旨みと言われる成分がプリン体とも言われています。また人の体内でも生成され分解もされています。プリン体が多くなって体内に溜まってしまうと痛風の原因になるので注意しなければなりません。

プリン体が体内に多くなってくると尿酸値が高くなるので、食品からのプリン体摂取をコントロールすることも必要になります。そのためプリン体摂取を1日に400mgまでに抑えることが重要とされているのです。

しかし昔は食べ物コントロールで尿酸値が大きく減ると考えられていたので、もっと厳しいプリン体摂取量が限定されていました。しかし80%は体内生成すると解明された今は、

1日400mgという緩い摂取量となったのです

最近はプリン体ゼロのビールなども、たくさん出まわるようになってきました。しかしビールからのプリン体摂取のコントロールはできますが、アルコールの飲み過ぎによるプリン体の体内生成ということも、忘れないようにしなければなりません。

プリン体を食品から取らないようにコントロールすることは大切ですが、

体内生成が80%だということも重要なことです

つまり体内生成を増やすことも避けなければならないということなのです。その上で食品によるコントロールをするようにしたいものです。

お酒の中でもビールはプリン体が多いので、プリン体ゼロのビールは確かにうれしいですね。他にもプリン体を腸内で食べてしまう乳酸菌で作られたヨーグルトなども発売されています。このようなプリン体コントロールができる食品も上手に利用したいものです

プリン体摂取は痛風に関係ないってホント?


痛風にはプリン体摂取がとても関係が深いと言われています。しかし最近「プリン体摂取は痛風に関係ない」という記事を目にすることがあります。本当に関係ないのでしょうか。そこで正しい知識を知り、痛風予防や改善を正しく行うようにしたいものです。痛風の発作は体内の過剰な尿酸が引き起こすものと言われています。この尿酸こそ細胞が壊れたり、代謝のときにプリン体から生産された廃棄物なのです。

つまりプリン体を体では分解をして、これ以上分解できない分が尿酸となります。これが尿酸ナトリウムとして結晶になり、血液や尿を酸性にしてしまうことになるのです。だから今まではプリン体を食品から摂取しなければいいという話だったわけです。しかし実際にはプリン体は食品からの摂取分と体内生成分があります。そして昔はほとんど、食品からの摂取によってプリン体が増えると考えられていました。

しかし最近の研究では食品から摂取するプリン体より、

体内生成されたプリン体の方が影響が大きい

ということが解明されたのです。食品からのプリン体は腸管内で分解されてしまい、ほとんど残らないということも分かってきました。そのため食品からのプリン体摂取は昔ほど問題視されなくなったのです。今は1日のプリン体は400mgまで許されるようになり、だいぶ緩くなっています。

ただし、まったく関係ないという解明はされていないため、400mgという制限が今でもされているのです。ただしあと数年たってもっと解明が進んだら、プリン体食品はまったく痛風と関係なかったというようになるかも知れません。

またある程度関係あるという今の説が、もっとはっきり解明されるかも知れません。そんな状態なので

今の段階では、プリン体食品の制限を

まったく無視することもできない

のです。今言われている400mg/1日を守ることは、今現在においてはとても大切なこととなります

痛風の原因はプリン体です!でも……


痛風はとても痛い辛い病気であり、この病気の原因はプリン体と言われています。プリン体は食品から摂取することや体内生成など、いろいろなかたちでわたしたちの体に増えていくのです。そして体はこのプリン体を分解しようとしますが、実はこのプリン体は尿酸というかたちにまでしか分解できません

尿酸とはプリン体の分解されなかったものですが、結晶体になり血中でも悪さをしてしまいます。そしてなんとも言えないような痛風の激痛も呼び起こしてしまうのです。そこでこのプリン体を減らすためにはまずプリン体の多いものを食べないことが勧められてきました。昔は徹底した食べ物制限があったため、痛風になったら、美味しいものは食べられないという覚悟が必要だった時代もあったようです。

しかし今では体内で生成されるプリン体が、痛風には特に重要だということも研究によって解明されてきました。逆に食べ物からのプリン体は、腸内で分解されてしまうものが多いということも分かってきたのです。そのため体内でプリン体を生成しないような薬も研究発売されています。

しかしこのプリン体の廃棄物とも言われている尿酸ですが、これが老化や癌の原因となる活性酸素を抑える物質ではないかという研究もされているのです。今まで悪者でしかなかったプリン体や尿酸は実はすごい健康効果や癌の薬になる宝石だったりするかも知れません。

人間の体はいいものでも多すぎれば悪いものにもなってしまう

ものもたくさんあります。

メラニン色素も女性などからは、悪者のように扱われていますが、これも活性酸素から皮膚細胞を守るための免疫作用ですね。このように人間の体には無駄は一つもないのかも知れません。そしてどれもバランスがとても重要でバランスが崩れると悪者になってしまうのではないでしょうか。コレステロールも同じことが言われています。

今後、痛風は薬で治すことができ、逆に尿素の健康のための利用の研究が進むといいですね。しかし今のところはとにかく尿酸生成を抑える薬を摂取し、ある程度のプリン体摂取の制限をすることで改善に向うということになっています


プリン体の多い食品
プリン体の少ない食品


痛風の症状を自宅で改善する方法!