スポーツ好きな私は大丈夫?


運動大好きな私には痛風とは無縁だと思っていました。スポーツは何でもやるというくらい運動が大好きなのです。

しかし、痛風になってしまう・・・

意外にスポーツをしている人のなかで痛風に悩まされている人は多いのです。

実は、これも痛風をしっかり理解しておけば分かる話なのです。痛風と密接に関係する尿酸値ですが、激しい運動をすれば新陳代謝が活発になります。それ自体は良い事なのですがプリン体も通常よりも早く作られ一時的にですが短期間で過剰に蓄積され

痛風を発生させやすい状態になる

のです。

それだけではありません。運動をすれば当然汗をかきます。この汗のせいで体内の水分が少なくなり腎臓から尿酸が排出されにくくなり尿酸値を上げてしまうのです。運動していれば健康的で痛風とは無縁と思っている人は間違いなので知っておきましょう。

運動が不要な訳ではない!


スポーツにより、痛風の可能性を高めてしまう事実がありますが、運動をしないほうが良いわけではありません。適度な運動は尿酸値を正常にする効果があるので健康のためにはしたほうが良いのです。

ただ、運動の仕方を注意したいという事なのです。鍛え抜かれたスポーツ選手ですら痛風にかかる人も多いのですが、素人がいきなり健康の為と言って激しい運動をするのは注意です。

適度な運動には個人差がありますがゆっくりとした運動を薦めていく事が肥満解消など健康にも痛風予防にも効果的です。特に痛風にかかっている人が治療の為に激しい運動を選択するのは間違いという事です。ですからウォーキングなどの有酸素運動を自分のペースで継続的に行う事が良いと言われています。

痛風予防には運動が効果的?


痛風には適度な運動が予防にも改善にもつながると言われています。食べすぎ飲みすぎ、そして運動不足によって肥満が起こります。それは乳酸値の上昇とも深くかかわっているため、脂肪が多くなることを防ぐことは痛風予防にも改善にも重要なのです。

そのため運動は毎日行いたいものですが、高尿酸血症の人が

急激な運動を行うと逆に尿酸値が高くなることもあります

そため適度な運動ということも重要になります。ウオーキングや水泳などは有酸素運動の中でも無理をしないで行えるためおすすめです。そして毎日行うようにすることからも、軽いストレッチなどからスタートしてもいいのではないでしょうか。

また痛風は30〜50代の男性にとても多いと言われていますが、特に神経質な人や仕事でストレスを多く抱えている人がなりやすいとのこと。そんな意味からもストレスを溜め込まないためにも、適度な運動はとてもおすすめなのです。もちろん暴飲暴食につながるのもストレスを抱えている人に多いようです。自分なりのストレス解消法を考えるようにしましょう。

また筋トレのような無酸素運動は逆効果とも言われています。無酸素運動は疲労物質でもある乳酸が多く蓄積するため、尿酸溶解度が低下して結晶化が進む恐れがあるので運動は有酸素運動を行うようにしましょう。

では筋トレなどは、もうずっと禁止なのかというと、そんなことはありません。ただし、筋トレをするときに乳酸が蓄積されないように、クールダウンなどをしっかり行うことが大切です。そして乳酸値のコントロールをしながら行うことが重要になります。

その場合、筋トレをした後に20分程度のストレッチ

乳酸を放出されるように心掛けましょう

そのためラストのストレッチもすべてセットに入れて省略することなく行うようにします。また有酸素運動でも無酸素運動でも汗には尿酸は含まれないので、汗をかくと血中の尿酸濃度が高くなることになり、辛い痛みが襲ってくる原因にもなります。水分を小まめに摂取することもお忘れ無く

痛風と運動


普通に食事を摂りながらどのようにしてプリン体を減らすのかということになりますが、一般的に良いとされるのが、

内臓脂肪を減らすこと

です。というのも、内臓脂肪とプリン体には密接な関係があり、内臓脂肪を減らすことでプリン体も減らすことができるからです。

内臓脂肪を減らすためには、

有酸素運動を継続的に行うことが特に有効

であると考えられています。実際、有酸素運動を一定期間継続させた結果、痛風が改善したという話はよく耳にします。私の想像では、有酸素運動によって内臓脂肪が減り、その結果、プリン体が減って尿酸値が下がったのではないか、と考えます。

ただし、運動をすると、そのときには一時的に尿酸値が高くなりますので、あまりにも痛風の症状が顕著に出ているときには、ちょっと痛みが引いたからといって無理に運動をしてしまうのはかえって逆効果になることも考えられます。

ですから、痛風の症状が顕著である場合、一定期間は薬によって症状を緩和し、ある程度安定してきてから運動をスタートさせるという考え方が一番安心できると思います。 いきなり深い山の中に入って、そこで痛風の発作に見舞われたなどということがあったらシャレになりませんので、運動の際にはちょっと注意してみてください。

尿酸値を下げるには適度な運動


尿酸値を下げるためには運動も大切になります。しかし極端な運動は逆に尿酸値を上げてしまうとのこと。尿酸値と運動についてもう少し考えてみましょう。運動と一言でいっても、まず重い負荷をかけるウエイトトレーニングや短距離競走などは無酸素運動と言われる、息を止めて急速に筋肉を使うというもの。もう一つはウオーキング、水泳など、酸素を十分取り入れながら行う有酸素運動があります。

尿酸値の高い人は

急激な運動や無酸素運動はおすすめできません

逆に尿酸値が高くなってしまうため、筋トレなども注意しなければなりませんが、運動不足もまた尿酸を増やしてしまいます。そこで毎日無理のない有酸素運動を行うようにしたいものです。

有酸素運動というと、ウオーキング、ジョギング、水泳、水中エアロ、エアロビクス、サイクリングなどがあります。高尿酸血症や生活習慣病の改善のためにも毎日続けることが大切になります。とはいっても運動が好きではない人にとって、毎日の運動は辛いものです。例え頑張っても続けられないということになってしまいます。

そのため自分に向いている運動を、少しずつ無理なく続けるようにしましょう。特に運動嫌いの人は、まず散歩に行くことで毎日20分歩くようにします。20分ということは家から10分のところまで歩けば、あとは戻るだけで20分をこなすことができます。たった10分我慢すれば20分のウオーキングが続けられるというわけです。

また家で行いたい人は寝る前に20分のストレッチやスクワット、ヨガなどを取り入れてもいいのではないでしょうか。どうしても20分が長い人は、お風呂に入って代謝が高くしてから10分の運動を行うようにしましょう。もちろんこのタイミングは燃焼も高いので、20分以上できる人でも是非おすすめです。

このように

自分に無理のない運動を毎日続ける

ようにします。仕事をしている人は会社の帰りに一駅歩くとういのもおすすめです。尿酸値を低くする効果のある有酸素運動を意識的に行いましょう


痛風の症状を自宅で改善する方法!