痛風とサプリメント


痛風の治療の場合、一般的には尿酸値を下げるための投薬治療が行われることが多いです。投薬治療をベースとしながらも、食餌療法や運動療法などをパラレルで取り入れることで尿酸値をコントロールしつつ症状を緩和していくという、少々まどろっこしい治療法が一般的です。

痛風の場合、とにかく苦痛をともなう病気ですから、とりあえずは病院に行って尿酸値をコントロールするための治療が有効であると考えられます。激痛の中で運動療法を取り入れるのは苦痛の上にさらなる苦痛を塗り重ねるようなものですから、これは論外ですが、痛みが落ち着いてきたら、徐々に運動を取り入れるようにすることが望まれます

そして、さらに症状が安定してきたら、「サプリメント治療」という考え方も成り立たないわけではありません。おそらく多くの方が、「痛風でサプリメント治療?」と驚くかもしれませんが、

実を言うと、

痛風ほどサプリメント治療が奏功しそうな病気は無い

と、個人的には思います。

というのも、たとえばカゼを引いたりインフルエンザにかかったりした場合には、私はサプリメント治療を推奨しません。なぜなら、カゼにしろインフルエンザにしろ、それぞれ「細菌」、「ウィルス」と言った外的な物質によって引き起こされる症状だからです。ですから、そうした細菌やウィルスを駆除するための「薬剤」がより有効に作用すると考えるのです。

ところが、痛風というのは、外部からの細菌やウィルスによって罹患することはありません。痛風がどこからやってくるのかというと、これは当然「自分の内側」からやってくるのです。そのため、原因を攻撃して駆除する「薬剤」という発想よりは、

自分の内側から改善していく方法

がより適切なのではないか、そしてそのためにはサプリメント治療という考え方が十分通用するのではないかという考えに至るのです。

痛風治療における薬剤投与はとても重要です。それは、尿酸値を下げて、痛みから解放するために欠かせない治療であると言えます。

しかし、いくら薬剤を投与したところで、痛風が完治することは現段階ではあり得ません。つまりそれは、「薬に頼る治療」の現段階での限界であるとも言えるのです。

であれば、身体の内部から全身を健康にしていく過程で、痛風を改善しようではないかというサプリメント治療の発想は、実は理にかなっているのではないかと考えます。ただし、発作が起こっている状態では、サプリメントよりは薬剤に頼るほうが有効です。サプリメントはもっと症状が落ち着いてから服用することを考えてください

サプリメントの考え方


サプリメントは薬ではありません。健康補助食品です。つまり目的は痛風を薬で治すという目的ではなく、痛風にならない体質を作るために取り入れるという考え方です。そもそも痛風はウィルスや細菌が相手ではないので抗生物質のようなものは意味がありません

そして薬のように体質を一時的に無理やり変えるものでもありません。痛みが酷い時は痛みを出来るだけ早く軽くする為に薬の力を借りて尿酸値を下げたりする事が有効ですが薬に頼り続ける事は好ましい事では当然ありません。

自分の体の力で尿酸値を下げ、痛風にならないようにする必要があります。そこで痛風の場合には、その体質作りを効率的、効果的に行うためにサプリメントを活用したいのです。つまり尿酸値を上げない体質を作る為に利用するのです。

【関連記事】
痛風の薬物治療
痛風の最新治療薬

痛風予防にも効果のあるサプリ成分は沢山ある


痛風はやはりなる前の予防が大切です。また軽いうちに食生活などの見直しをすることで、ひどくならないこともあります。そんなときにもサプリを上手に利用すべきではないでしょうか。痛風になりにくい予防効果は確実にあり、初期なら食生活と並行して行うことで改善効果も期待できます。

まず痛風予防というと、やはり

「アンセリン」という成分が有名です

これは動物の筋肉組織から見つかったβ-アラニンとメチルヒスチジンの結合した物質となります。これは疲労を回復する効果が高いペプチドの一種であり、痛風だけでなく疲労回復効果の高い成分となります。

では疲労回復効果の高い成分が何故痛風に効果があるのでしょう。実はアンセリンには他にも活性酸素を抑え、尿酸の体内生成を抑える効果があったのです。その上、尿酸を排出する作用を促進する効果もあったのです。

他にも尿酸やプリン体を排出する効果があるものとして、カリウム葉酸が知られています。尿酸の排出を促進するためには、尿をアルカリ性にして尿中で尿酸が溶けやすくすることが必要とのこと。

体内の塩分のコントロールをカリウムが行うことから、痛風を予防するにはカリウムも重要な成分なのです。また葉酸というと妊婦のためのサプリというイメージがありますが、実は体内代謝を正常にする効果が高いため、尿酸の代謝にも効果が期待できます。

他にも菊花ポリフェノールという成分も人気があります。菊花ポリフェノールの効果は最近の研究によって確認された成分ですが、尿酸の体内生成酵素であるキサンチンオキシダーゼの阻害効果が発見されました。葉酸も同じ効果があり、痛風予防と改善におすすめだと言われています。

また女性の場合は、女性ホルモンでもあるエストロゲンが減少した更年期以降、痛風になると言われています。エストロゲンが痛風を抑える効果があると言われ、女性ホルモンが減ってくる年齢になったときに、女性ホルモンを増加させる大豆イソフラボンマカのサプリを摂取することも痛風予防におすすめです。

痛風対策サプリメントの成分について


痛風は1度発症してしまうと、改善するためにはとても時間がかかる病気です。そのため痛風は予防が重要です。また軽いうちなら薬物治療までスタートせず、食事療法やサプリメントの摂取でもOK。そんな痛風対策サプリメントの成分について詳しくご紹介しましょう。

アンセリン
動物性筋肉の中に含有しているペプチドの一種に、2種類のアミノ酸が結合した構造をしてた成分です。マグロや鰹、鮭などに含まれており、鳥類の筋肉にも多く含まれています。疲れを軽減する効果があり、強力な抗酸化パワーによって活性酸素除去効果も期待できるのです。他にも抗炎症作用や血圧を下げる働き、尿酸値を下げる作用などがあります。アンセリンには尿酸の生成を抑える働きと、できてしまった農産を体外へ排泄する働きのダブルの効果があるのです。そのため尿酸値が高い人には人気の成分です。

キャッツクロー
キャッツクローは南米ペルーの中央山岳部、森林地帯に自生している大きなつる状の樹木で、ウンガリアという別名を持っています。インカ帝国の頃から薬として使用されていたとのこと。葉の付け根に猫の爪のような丸まったとげがあるため、このようなネーミングが付いたと言われています。キャッツクローは関節の炎症などを抑える効果があり、痛風の苦しい痛みを和らげるため、薬物の痛み止めを使いたくない人にとっても嬉しい成分です。健康食品やハーブとしてアメリカではメジャーな成分です。

ケルセチン
ケルセチンとはラテン語の「Quercus(オーク)」が由来と言われています。オークはブナ科コナラ属に分類される落葉樹で、黄色い色素を含み、昔から染め粉として利用されていました。ポリフェノールの健康効果が話題になった1999年ごろから知られるようになり、サプリメントなどでも人気となった成分です。

野菜や果物に含有の黄色い色素のフラボノイドです。ポリフェノールの一種のフラボノイドは強力な抗酸化パワーがあり、ビタミンと似た働きをすることでも知られています。ケルセチンは玉ねぎ、ブロッコリー、りんご、ブドウ・ベリー類などに多く含まれ、糖と結合した状態で存在。ケルセチンには血液の流れを改善し、生活習慣病の予防、血糖値を下げる働き、尿酸値の低下などにも働きます

サポニン
サポニンはポリフェノールの一種で強力な抗酸化パワーを持った成分です。植物の根、葉、茎などに多く含まれている配糖体の一種で、悪玉コレステロールを低下させ、動脈硬化の原因となる血栓を防ぎます。大豆や高麗人参に含まれているサポニンには、特に健康効果が期待されているのです。

肥満を予防する効果、コレステロール値を下げる効果、血流を改善する効果、免疫力を高める効果、肝機能を高める効果、咳や痰を抑制する効果などがあり、その上尿酸値を下げる効果もあるのです。体内に溜まっている尿酸を体外に排出する働きもあり、痛風予防にも是非意識して摂取したい成分です。サプリメントにも配合されているものがたくさんあります。

DHA、EPA
特に青魚に多く含まれていることでも知られている成分です。生活習慣病の予防・改善効果、炎症を抑制する効果、アレルギー症状を緩和する効果、感染症を予防する効果、精神を安定させる効果などがあるため、中高年に人気の成分です。日本では魚食が減ってしまい、一日摂取目安量の3分の1以下程度しか摂取されていないのが現状です。血液サラサラ効果も高く、特に中高年からは重要な成分と言われています。血行を改善することから尿酸の排出効果も高まるのです。

菊花ポリフェノール
ネーミングどおり菊の花から発見された成分で、尿酸バランスを整える成分が含有されています。そのため尿酸値の上昇を抑制することで知られている成分です。菊の花は中国などでは健康茶として、日本では季節の料理の材料として昔から食べられていました。

漢方薬にも使われていますが、長寿花とも言われています。菊の花にはポリフェノールが豊富に含まれており、強力な抗酸化パワーがあるのです。その上尿酸を溜めない働きと、尿酸を排出する働きの両方の効果があるのです。

葉酸
葉酸は厚生労働省が妊娠計画中や不妊、妊娠中に推奨しているビタミンで、食品からはなかなか思ったように取りにくいビタミンです。葉酸というと妊娠のためのビタミンとして知られていますが、実は痛風にも是非おすすめのビタミンと言われています。葉酸は尿酸を低下させる働きがあるのです。

痛風は尿酸値の上昇によって起こりますが、尿酸の生成には「キサンチンオキシターゼ」という酵素が必要になります。この酵素の働きが活発になると尿酸が増加するわけです。そして増加を抑える役目を持っているのが葉酸と言われています。葉酸は尿酸の過剰分泌を抑えてくれるのです。

キトサン
尿酸はプリン体が分解されると生成されてしまう燃えカスのようなもの。そこでキトサンはこのプリン体をキトサンは吸着・排出作用が期待されています。つまりキトサンはプリン体を吸着して、そのまま排出させてしまうのです。プリン体をできるだけ摂取しないようにすることは大切ですが、吸収しないようにすることで、より尿酸が増えることを抑制してくれます。

尿酸値を下げるサプリメント


痛風の原因は未だ完全に解明された訳ではありませんが、尿酸値が高くなる病気という事は分かっています。尿酸値が高くなる理由もすでに分かっており尿酸値が下がれば痛風の発作は回避できるというのが現在の医学で行われている治療となります。

残念ながら完治出来るというまでは至っていないのですが発作が起こらなければ生活に支障が無いのが痛風で、尿酸値を下げることを目指すことを求められるのが痛風です。

そこで尿酸値を下げるサプリメントを活用するという人も少なくありません。サプリメントはあくまで補助食品であり薬ではありませんので尿酸値を下げる為だけの効果を期待して飲むべきではありませんが、

効率的に尿酸値を下げるという目標には一役買ってくれるはずです

しかし、どのサプリメント、どの成分を選べば尿酸値を下げることが出来るのか?という疑問もあるかと思います。ただ、ネットで検索すれば尿酸値をコントロールするのに良いと評判のサプリメントは幾つか出てきます。

個人差がありますので何とも言えないですがサプリメントの作用だけで尿酸値を下げることを期待するのは無理があります。そのような作用は薬であり、サプリメントに期待は出来ませんが運動や食事と共にサプリメントを活用して効率的に尿酸値を下げていくことを考えるのも重要です。

様々な痛風患者に選ばれているサプリメントがありますが、尿酸値を下げるサプリメントとして有名どころから試していくのも賢い選択かもしれません。



白井田七(さくらの森)

痛風対策サプリと言えばこのサプリを思いつく人は多いのでは無いでしょうか?痛風対策成分として有名なカリウム葉酸だけでなくめぐり成分と呼ばれるサポニンが高麗人参の約7倍も入っておりホルモンバランスを整えサポートしてくれます。

有機JAS認証の田七人参を98%使用し残りの2%は有機玄米で無添加・無着色のオーガニックサプリだから安心して家族全員で使用できるサプリメントです。

様々な症状・病気に効果的な漢方系だから副作用の心配が少なくご家族で使用できるサプリメントです!めまい・ホットフラッシュ・冷え・慢性疲労・老化・ダイエット・精神疾患、さらに睡眠サポート成分ギャバアミノ酸が豊富に含まれる。

価格:6480円(定期便なら割安になります)【15日間全額返金制度実施中!】


  






PN-0(SIKI)

鳥由来のチキンエキスを使用し最高峰のアンセリンを配合した「PN-0」はその使用者の98%が実感しており健康数値が気になる方には頼もしいサプリメントです。

他にも沢山のサポート成分が配合されておりDHA・EPA大豆サポニン葉酸キャッツクロー西洋サンザシ田七人参高齢人参クエン酸ノコギリヤシなどといった血行数値のサポートに役立つ天然成分が配合されています。

痛風はもちろんあらゆる健康数値のサポートが期待でき健食生活や生活環境が気になる男性の方には特にオススメです。

価格:5980円(セット購入なら割安です)【30日間返金保証!】


  





恵葉プレミアム(コアシステム)

尿酸値・プリン体が気になる方、痛風の予防・改善に多くの人が支持している「恵葉プレミアム」は痛風予防として有名なアンセリン、葉酸成分が配合

抗炎症作用を持つキャッツクローも含まれています。WHO(世界保健機構)や米国のFDA(食品医薬局)が安全性や有用性を認めた南米ペルー産の奇跡の植物です。これに加えサラサラ健康パワーのケルセチンも贅沢に配合。特にアンセリンに関しては高純度を国内トップクラスの含有量で配合されているのは心強いです。

臨床試験により尿酸値の降下作用やプリン体の産生を抑制することが実証されており痛風発作が出なくなった!尿酸値が下がった!などその効果はすでに多くの使用者が実感しています。

価格:7800円(セット購入なら安く買えます)


  






慈凰(ジーサックス)

高品質の『海洋性アンセリン』を主成分としたサプリメントでその配合量は1箱に15000mgも入っています。1日の摂取推奨量の500mgがたった3粒でしっかりと摂る事が出来ます。

アンセリンはすでに研究で尿酸値降下作用、抗炎症作用、抗疲労効果、活性酸素消去能、血糖値上昇の制御
などが実証されている痛風対策として抜群の成分です。

また、海洋性アンセリン以外にも『赤ワインエキス末』(長生きポリフェノール)、『シークワーサーエキス末』(高尿酸血症の予防・血糖値上昇抑制作用)、『グルコサミン塩酸塩』(関節痛・関節炎予防)、『菊花エキス末』(痛風予防・睡眠改善作用)など、など痛風に関連した効果が期待できる成分が多く含まれています。

価格:9800円(初回購入、セット購入は安く買えます)


  




痛風の症状を自宅で改善する方法!