痛風の食事療法


痛風は「生活習慣病」のひとつであると考えられていますので、その改善のために有効であると考えられる治療法として挙げることができるのが、

食事療法

です。もちろん、旦那さんが痛風に罹ってしまったというご家庭では、すでに何らかの「食事制限」にチャレンジしている主婦の方もいらっしゃるかもしれませんが

「食事制限」と「食事療法」とでは大きく異なります

ので、このあたりの解釈の相違に関しては、誤解しないようにしたいところです。

では、具体的に「食事制限」と「食事制限」の違いについては「食事制限」というのは、あくまでも「痛風の発作を回避するための手段」であって、これを行ったからといって痛風が改善されるというものではないという認識が必要です。

一方「食事療法」は、食事制限を行うことによって、痛風を治療していくという考え方です。つまり、「痛風の改善」が最大の目標になるわけです。ですから、食事療法を実行するためには、より専門的な栄養学の知識と、医学的見地における生態学的な根拠がそこに存在しなければならないことになります。

とすると、「食事制限」は自宅でも可能かもしれませんが、「食事療法」まではさすがに

自宅だけで行うというのは無理がある

と考えるべきでしょう。そんなときに、やはり頼りになるのが「病院」ということになります。ただ、どの病院でも食事療法を受けることができるというものでは当然ありません。そこで、食事療法を行うことができる病院を、「診療科」から判断するのがベストということになります。

食事療法を行う病院には、ほとんど例外なく「栄養科(栄養課)」、もしくは「食養科」などといった診療科がありますので、該 当する病院をチョイスするようにしましょう。

痛風は、最新の現代医学でもまだ完治することができないとされている病気ですから、たとえ食事療法を行ったとしても完治できるかというと、それは正直難しいと考えなければなりません。

ただ、いわゆる「寛解(一時的に健常者と同じ状態に落ち着く)」に至ることは十分可能なので、発作への恐怖は幾分軽減されることになるはずです。そして、その状態をいかに継続するかがその後の最大のポイントになります。

このように、「治療の方向性を変換することができる」というのが食事療法の最大のメリットといえます。もちろん、そこまでたどり着くのもそう簡単なことではないのですが、だからこそ信頼できるお医者さんの力を借りることが大切であるといえるのです。


痛風のための食事一覧表


痛風という病気は、病院に行ってそこで治療を行うことで問題が解決できるという種類の病気ではありません。特に、食事との関連が非常に大きいとされる病気ですから、自宅でできる「食事制限」が必要なケースは多いはずです。

ただ、痛風の食事制限では「プリン体」の摂取の制限が絶対条件となります。そこで、プリン体含有量が少ない食材を探して・・・ということになるわけですが、しかし

その作業がそう簡単に出来るものでは無い

というのが実際のところです。

何しろ、一般的に健康のためには積極的に摂取したほうがよいとされる食材であっても、痛風患者の場合「これだけは摂取してはいけない食材」というケースも珍しくなく、その食材の一般的なイメージだけから判断するわけにはいかないのです。そこで、「あると助かる」のが、「痛風患者のための食事一覧表」です。

痛風は、近現代の生活習慣病としてはかなり身近な病気となりつつある昨今ですから、インターネット上で検索することで、かなり多数の関連ページを閲覧することができます。ただし、インターネット上の情報というのは、必ずしも正しい情報とは限りませんので、できれば、病院で治療を受ける際にそうした相談に乗ってもらうことをおすすめします

もちろん、ウェブサイト上の情報であっても、病院系のブログなどであれば、信ぴょう性はやや高まると考えてよいと思います。ただ、やはり

病院でもらう資料が一番確実である

といえることは間違いありません。

病院に相談を持ちかけるときにもひとつ注意したいのが、痛風という病気は、食事制限が必要だという考え方が一般的ではありますが、お医者さんによってはあまり食事に関しては気にすることはないという先進的な考え方の人もいます

もちろん、そういうお医者さんであっても資料の提供を惜しむことはないとは思いますが、お医者さんの見解も尊重しながら資料をもらうようにしたほうが、後々のためにもよいと思います。

場合によっては、栄養科や食養科の診療科を併設している病院で相談することも視野に入れたほうがよいかもしれません

痛風患者向けの食事に関する本


インターネットの環境が整備されるようになってから、いわゆる「情報社会」が完成に近づき、かなり専門的な情報でもちょっとがんばればインターネットを介して得ることができるという時代にさしかかってきました。

徐々に書籍もオンデマンド化されるようになり、出版業界も生き残りをかけて創意工夫を迫られるようになった昨今ですから、たとえばかなり専門的な「病気」に関する情報も、書籍ではなくインターネット経由で仕入れる時代になったというべきでしょう。

たとえば、「痛風」に関する情報も、インターネットを検索すればいくらでも手に入るようになっていますから、痛風関連の書籍がどれだけ出版されているのかは正直疑問ではあります。

ただ、先日久しぶりに書店に行ってみたところ、「痛風患者向けの食事に関する本」を見つけることができました。まあ正直「見つける」と言うより「目に飛び込んできた」というほうが正しいかもしれませんが、それくらい目立つところに痛風患者向けの食事関連の本があったということは間違いありません。

自宅の近所の小さい書店なのですが、その書店が元気なのか、それとも痛風に悩む人がそれだけ多くなっているのか、おそらくそのどちらかなのではないでしょうか。

確かにインターネットは便利ですし、無料で簡単に情報を閲覧できるという点でメリットは大きいといえるでしょう。ただ、インターネット上にあまた存在している情報の多くが、実はそれほど高い信憑性を持たないケースもあるということを、おそらくみなさんもご存知なのではないかというふうに思います。

そこに行くと、本に書かれている内容はかなり信憑性が高いということは間違いありません。何人もの校閲者の目が厳しく検閲して書籍になりますので、

特に医学関連の本は、非常に信憑性が高い

といえます。

では、たとえば痛風患者向けの食事に関する本にはいったいどのようなことが書かれているのかというと、正直言って基本的にはインターネットで得ることができる内容と似た内容になっているはずです。

しかし、ネットの範囲では入手することができない内容も、必ずと言っていいほど存在しており、しかもその部分に実は非常に高い価値を見出すことができるケースが多いです。

ですから、たとえば痛風患者向けの食事に関する内容であれば、むしろおすすめなのは、ネットの情報よりも本のほうだったりします。ネットにしろ本にしろ、情報は有効に活用して、痛風の改善に役立ててください

痛風の治療と食事


痛風は生活習慣病であるとも膠原病であるともいわれますが、生活習慣を改善することで、寛解の状態をずっとキープできているという患者さんもたくさんいるのです。とすると、やはり

「食事」について考えなければなりません

もちろん、ここでいう食事とは、食べるだけではなく、飲むほうも含めて考えます。しかも、より重要になってくるのが「飲む」ほうです。つまり、アルコールが好きな人は、痛風を改善するために、その摂取量を減らす必要があります。できるだけアルコールの弱い製品を、ごく少量だけ飲むようにしてください。

そして、「食べるほうの食事」についてももちろんケアする必要があります。痛風の患者さんがよく言われることは、「プリン体を多く含む食材はできるだけ避けるべきである」という、まあこれはかなり昔から言われていることではあります。

もちろん、可能な範囲でプリン体をカットするという考え方は、痛風患者向けの食事を考える上では非常に重要ではありますが、もっと大切なことは、

「生活習慣を改善する」こと

であり、それはすなわち「食生活を改善する」という側面も多分に含まれているわけですから、そこから導かれる結論は、「暴飲暴食は絶対に避ける」ということと、「バランスよく、いろいろな食材を適量食べる」ということが食事に求められることであるといえるのではないでしょうか。

痛風のとき食べてはダメな食べ物はあるのか


あれを食べてはいけない、これを食べてはダメといったことを繰り返していると、おそらく過度のストレスがたまることになり、結果的に食べることがイヤになってしまう可能性が高くなります

免疫力が低下することで起こると考えられる痛風を治療するにあたって、あまりにも過度なストレスを蓄積させてしまうことは、むしろマイナスが大きくなると考えられます

もちろん、発作が起こっている状況で、プリン体のことを一切気にせず好きなものをバリバリと食べるということが得策であろうはずもありませんが、発作が起こっていないときに、あまりにも「あれはダメ、これもダメ」という具合に食べ物を規制してしまうというのは、ちょっと考えものかな・・・という気も正直します

食べ物というわけではありませんが、むしろ問題がある可能性があるとすれば、それはむしろ「飲み物」のほうであるといえるかもしれません

食べ物を気にする際に、痛風との相性が良くないとされるのは、「プリン体」と「糖」ですが、糖分が強い飲料や、アルコール度数が強い飲料を摂取することで、痛風は確実に悪化します。ですから、食べ物以上にむしろ「飲み物」に関して強い注意が必要になるという認識が重要です。

アルコール飲料に関していえば、痛風との相性が悪いとされるのが「ビール」です。その傾向を利用して、「プリン体や糖質をカットしたアルコール飲料」が痛風患者から強く受け入れられているようですが、まあそれに関しては、もちろんマイナスであることはありません。

ただ、本当に痛風患者のことを案じて商品を出すのであれば、プリン体や糖質だけではなく、「アルコール度数の低い焼酎やウイスキー」でしょう。ビールは痛風によくないから、焼酎やウイスキーを飲むことにした・・・などという話は、とてもではないけれど痛風にとってプラスがある事とは言えませんので、そのあたりのことはしっかりと認識する必要があります


過度な食事制限よりもバランス
痛風のための食事とレシピ


【関連記事】
ビール等のお酒の付き合い方


痛風の症状を自宅で改善する方法!