痛風の症状


痛風の多くは足の親指の付け根付近が炎症を起こし、患部が大きく腫れあがることもあります。そして、痛風の象徴とも言える「激しい痛み」をともなうという非常につらい症状を呈することが多いです。

ただ、症状が悪化すると、足の親指だけではなく、炎症、腫れ、痛みは全身に広がります。たとえば、少し痛風の症状が進行すると足首が炎症を起こし、足首だけではなく足の甲まで腫れて熱を持ち、足全体が激しく強く痛みま
す。さらに悪化することで、全身の関節や、場合によっては臓器損傷(主に腎臓、最悪の場合は心臓)にまで及ぶこともあります

つまり、痛風の典型的な症状は

「炎症(熱と腫れ)」と「痛み」

ということになります。痛風による痛みはほぼ例外なく「激痛」、「疼痛」の部類であり、一般的な関節痛や筋肉痛などと異なり、関節の角度を変えたり体位を変えたりすることで痛みを緩和できるというレベルの生易しい痛みではなく、歩くことも動くこともできず、また、夜間の発作の場合には眠ることさえ困難なほどの痛みが起こります。


痛風の発症箇所


最もポピュラーな発症箇所は、

左右どちらかの足の親指の付け根付近

です。同時に発症することはほとんどなく、どちらか片方ずつ、あるいは一方だけが定期的に痛むという症状になります。他の部位と同時に痛むということもほとんどないのが痛風の症状の特徴です。

なお、痛風の発症箇所は、先にも触れたとおりたいていの場合、左右どちらかの親指の付け根に発症することが多いですが、症状悪化とともに両足親指、あるいは足首、さらには肩や肘、腰、耳など、関節という関節に炎症が転移しながら全身を襲う全身性疾患でもあります。

基本的に転移的に炎症が起こるのが痛風の典型ですが、同時多発的に発症することもまれにあるようです。とはいえ、足の親指や足首を除く他の関節部位に症状が出るのは珍しいケースであると言えます。

割合から言えば脚の親指の付け根で70%で最もポピュラーですが、

残りの30%は違う場所で発症する

という事です。親指の付け根も含めて膝下に発症する割合も90%でやはり圧倒的に足に症状が現れるみたいです。その際に症状が現れる部位はひざ、アキレス腱、くるぶし、足の甲、かかとなどに発生することがあります。

10%未満ですが膝上で痛風の症状が現れる個所として指の関節、手首、肘、手の甲など肘から手の間が多いです。圧倒的に膝下に症状が現れることが多いですが「こんな場所で痛風だとは思わなかった」と治療が遅れてしまってもいけません。痛風はあらゆる場所に症状として現れる事を念頭に入れておきましょう!



足首に出る痛風の症状


親指の足のつけ根以外の箇所で痛風が発症する場所というと、やはり「くるぶし」だとか「足首」が多いと考えられています。

箇所が違うと何かが違うのかというふうに考える人もいるようですが、基本的には

発症箇所のちがいに大きな意味がありません

ほかの部位でもまったく同じ、「高尿酸血症」の顛末が「痛風」ということになります。ですから、痛風を発症してしまったら、まずは尿酸値を低下させることに神経を注がなければなりません。尿酸が結晶化したものが、足の親指、くるぶし、足首、膝、肘、肩など、関節という関節の神経を刺し貫くことで、想像を絶する激痛が走るのが痛風です。

くるぶしに出る痛風の症状


痛風という病気は、基本的には「左右どちからの足の親指のつけ根が猛烈に痛む病気」です。もちろん、必ずしもどちらか一方の足というわけではありません。ごく稀ではありますが、両足に発症することもあります。そして、「足の親指のつけ根」以外の場所にも痛みが出ることがあります。たとえば「くるぶし」が痛むケースもあります。くるぶしに痛みがでると、徐々に足首全体が痛みだし、歩くことが困難になる場合も珍しくありません

足首の場合、足の親指のつけ根とちがってそれほど腫れが目立たない場合もありますが、しかし、何か太い釘のようなものでも足首に刺さっているかのような痛みは、想像を絶する痛みとしか表現できないレベルになってしまう場合もありますので、たとえ腫れが見られなくても、そうなってしまったらまず間違いなく痛風を発症していると考えて間違いないので、早急に病院に行きましょう。

足の親指のつけ根やくるぶし、足首以外にも、膝や肘、肩など、関節があるところには痛風の痛みを発症する可能性があります。また、最悪の場合心臓にまで魔の手が及んでしまうリスクもありますので、この病気はいかに尿酸値を下げるかに常時注意を払う必要があるといえるでしょう。そして、思い当たるフシがあれば、すぐにでも病院で診てもらうようにしてください。

かかとに出る痛風の症状


ふつう左右どちらかの足の親指のつけ根付近に激痛が走ることが多いですが、足の親指以外の関節にも痛風の痛みが発生する可能性はあります。たとえば、足首やくるぶし、膝、肘や肩などといった上半身の関節にも痛風の痛みがおよぶケースも少なくありません。ただ、

関節以外の箇所に痛風の痛みが発生することもある

のです。

その代表的な箇所が「心臓をはじめとする臓器」です。これらの症状の場合、命にかかわる問題ですから、痛風を発症したらとにかく尿酸値を下げるための治療が絶対必要になります。

臓器以外の関節でない箇所に痛風が発生するケースとなると、再び足に戻ることになります。そしてその部位とは「かかと」です。かかとが痛み、その原因がまったくわからないという場合には、もしかしたら痛風を発症してしまっているという可能性はけっこう大きくなります。

かかとの痛みの場合、親指のつけ根とはちがって接地する箇所であるため、

歩行や車の運転が困難になる場合があります

ので、その場合には、痛み止めを服用し、少しでも痛みが緩和してから病院に行くようにするよりほかありません。

発作が完全に収まるまでは1週間〜半月程度要する場合が多いですが、尿酸値を下げ、痛み止めの効果が表れるのは1日あれば十分ですので、それでもかなり痛いとは思いますが、激痛を通り越すような発作時には何とか安静にして過ごし、少しでも痛みが引いてから病院で診察を受けることをおすすめします。

また、痛風の激しい痛みの場合、

市販の痛み止めではほとんど効果がない場合が多い

ですから、患部の炎症を少しでも抑えるために、外から冷やすことをおすすめします。これに関しては、かかとであってもほかの場所であってもまったく同じです。

痛風の症状は足の甲にも起こる


痛風の症状は足の指の関節に痛みが走る場合が多いと言われていますが、実は足の甲にも痛みが起こります。足がときどき痛むけど、足の甲だから痛風とは違うだろうと思っている人もいるのでは?

実は足の甲が痛いという人は意外と多い

のです。

痛風の人は痛風のみという人はたった4%と言われています。つまり痛風100人中たったの4人です。ちょっとこの数字には驚く人も多いのでは。あとは

生活習慣病が一緒に出ている

とのこと。動脈硬化を起こしていたり、インスリン作用不足にも関係しているとのことなのです。

また糖尿病の初期症状としても痛風が起こることもあり、痛風になったら糖尿病も疑うことが大切だとも言われています。それほど糖尿病で痛風の人が多いのです。毎日の生活習慣を早めに見直すことで、糖尿病もひどくならずに済むこともできます。足の甲が痛いときも痛風の疑いを持つべきです。

足の甲が痛くなると甲の部分が腫れ上がることもあります。軽い痛みでも1〜3日程度痛むと言われていますが、ひどくなると激痛が2週間近く続くということもあるようです。最初は足をどこかにぶつけたかと思うような感じですが、だんだん足の中の問題だと感じるようになります。

痛風の症状は膝にも出る


痛風の症状はさまざまな関節に出るようです。足の指の関節がとても多いと言われていますが、それだけでなくその人によって出る場所もさまざまです。そして膝の痛みとして出る場合は、

加齢のための膝の痛みと誤解

してしまうことがあるとも言われています。

特に痛風の痛みは最初のうち、少し痛みがあってもそのまま治ってしまうという状態です。そのため何となく痛みが消えると治ったと思ってしまいます。また時々痛みが出ても、加齢のための膝の痛みだと思ってコラーゲンやセラミドなどのサプリを一生懸命飲んでいる人もいます

特に女性の場合は、若い頃はほとんど痛風とは無縁です。そのため痛風ということが頭から外れていますが、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が激減する更年期になってくると、痛風を抑えてきたエストロゲンが減ってしまうので急に痛風患者が多くなってきます。

しかしちょうどその頃、

加齢のための膝痛みも起こる時期

なので一緒になってしまうというわけです。膝が痛い人の中で、足の指の関節や手の指の関節などにときどき痛みがあるようなら、痛風の可能性があります。特に加齢と違うのは、夜中に痛みが強くなることが多いと言われていることです。加齢のための膝の痛みは階段を下りるときなどに痛くなることなどが多いので、よく観察していると分かるのではないでしょうか。

痛風による膝の痛みは歩けないほどとなることも。そして3日続くことも2週間も続くこともあると言われています。その後は何もなかったように治るので普通に生活します。そのときに「結局何でもなかったんだ」ではなく、

「痛風の赤信号だから注意をしよう、生活を見直そう」

と考えるようにしましょう。

膝だけでなくどこの関節に出るかはわかりません。関節の痛みだけでなくアキレス腱炎になったり、ひどくなると骨の破壊が起こることもあります。尿細管に付着すると腎臓の働きを阻害し慢性腎炎、尿路結石なども起こる可能性もあるのです。

痛風の症状には膝が曲がらないことも


痛風の症状というと、やはり足の親指の付け根が痛くなるというのが通説ではないでしょうか。しかし実際には足の指関節にはあまり痛みがなく、他の部分の関節が痛いということもあるようです。また最初は足の指関節辺りから始って、だんだん痛む場所が広がる場合もあります。

逆に痛い場所は1〜2カ所なのに、その部分の発作はたまらない痛みが襲うという人もいます。このように痛風の発作の出る場所も個人差があると言われているのです。ただし膝の関節に痛みが出た場合、なかなか痛風だと気が付かない人も多いと言われています。

膝が痛いというとやはり加齢による、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの体内生成不足によるものと考えがちです。特に女性の場合、ほとんどは閉経になって女性ホルモンが減少してから痛風が起こるので、その時期と重なってしまいます。加齢になって膝が痛ければ、やっぱりほとんどの女性はコンドロイチンなどのサプリを摂取するのではないでしょうか。

そして、その痛みが強くなって初めて病院に行くようになりますが、そこで実は痛風だったということが判明することも意外と多いのです。判明したら痛み止めだけでなく、高尿酸血症の治療薬などを飲むことで痛風の改善をしていくので、発見は早い方がいいに決まっています。そのため膝が痛いというときには、他に足の指の付け根や踵、足の甲、手の指、肘などの関節痛がないかなど確かめてみましょう。

痛風と思わずに膝の痛みを放っておくと痛風結節ができ、変形性関節炎になってしまいます。そうなると膝がうまく曲がらないようになり、治療はますますやっかいなことになってしまうので、そこまでにならないうちに病院で診察を受けるようにしましょう。

また痛風が悪化すると、加齢の膝痛とは比べものにならないぐらい痛みが強くなります。そうなってからでは本当に後悔するほどの痛みが襲ってきますので、早期治療を是非お勧めしたいと思います。また1度痛みが出ても、すぐ治ったりまた出たりと不規則に繰り返すので、余計加齢によるものと間違えやすいようです。

痛風になると膝に水がたまるの?


痛風はさまざまな関節に痛みを感じさせると言われていますが、人によってその場所もそれぞれです。しかし関節の痛みだからと言って、すぐに痛風と判断はできませんね。特に膝に痛風の炎症が起こったときには、膝は赤く腫れ水がたまることもあります。でもそれだけでは痛風とは言えないのです。

過度な運動をしたときや、加齢による膝関節の異常であっても水が溜まるので、うっかり痛風なんて思わないこともあるのではないでしょうか。痛風のために水がたまるようになると痛みも相当強くなります。しかし痛みのピークは2〜3日で、あとは嘘のように治ってしまうのです。

そうなると人間というものは、「なんでもなかったんだ」と思いたくなるもののようです。でも、間隔を置いてまた痛みが出てきます。恐ろしいことは膝の炎症が慢性化して痛みの間隔が短くなり、痛みが強くなっていくことです。本当に痛風の痛みが強くなると、加齢などの膝の痛みとはレベルの違う痛みとなります。

そうなれば関節炎、腱炎、骨の破壊まで起こる可能性があるのです。どうしようもない痛みになる前に、とにかく膝が痛くなったら病院で痛風でないかを調べることが大切ではないでしょうか。ひどくなる前に治療を始めると、あの叫びたくなるような痛みを経験しなくても済むはずです。

さて、膝に水がたまってしまうと、どんなことになるのでしょう。まず関節水症関節水腫というふうに言われていますが、これは関節をスムーズに機能するための潤滑油的働きである関節液が、何かの理由で関節の炎症がひどくなると過剰に作られてしまい「水がたまる」ということになるのです。

つまり原因は特に痛風でなくても炎症が起こればたまるものなのです。しかし痛風の炎症は徐々に激しくなっていくので、悪化してくると水のたまりもひどくなっていきます。検査は血液検査によって尿酸値を調べ、関節液を取って尿酸の結晶が含まれているかなどを調べます。痛風であっても尿酸値がそんなに異常でない場合も考えられるとのこと。そのために幾つかの検査をしてはっきりさせるそうです。

痛風は膝の下の関節にでやすい?


痛風の痛みは特に足に出やすいようです。もちろん腰や腕、手に出ることもありますが多くの場合、特に膝の下の関節に多く出るとのこと。膝やくるぶし、足の指の付け根などにも痛みや違和感を感じている人が多いと言われています。

特に膝は炎症がひどくなると関節に水がたまり、パンパンに腫れ上がってしまう場合もあります。もちろんそんな状態になる前には、軽い痛みを感じ数日で良くなるということが何度も繰り返されているはずです。しかしそのたびに治ってしまうことから、ちょっとした膝の炎症だろうと思いがちです。

でも、そんな人でも痛みの間隔が狭まってきたり、痛みの範囲が広がってきたら要注意とのこと。関節に結節ができてしまうと、骨を破壊することさえあるのです。痛風はその痛みがすごいことでも知られていますが、痛みが強いということは炎症が強いということであり、炎症が強いということは

相当関節のダメージが大きい

というふうに考えるべきでしょう。

そう考えると特に膝の下に起こる関節の痛みは、関節においてダメージが大きいのだということを知ることです。そして少しでもそのダメージを増やさないためにも、早い治療が必要となります。そのためにも特に膝の下の関節痛に敏感になりましょう。

加齢のためだとか歩き過ぎたとか、そんなふうに簡単に考えずに「痛風かも知れない」という意識を持って痛みの観察をするようにすると早期発見ができるのではないでしょうか。もちろん立ち仕事など、膝や膝の下にあるさまざまな関節の負担によるダメージもありますが、

痛風であることは意外とひどい痛みになるまで気付かない

ようです。

痛風の痛みは出たり引っ込んだりするものです。そんな状態が数カ月続いた後、強い本格的な痛みが襲ってくる場合もあります。しかしそんな状態が1年以上続き、その後ひどくなっていく場合もあるので、いちがいにどのぐらいの後に強い痛みが襲ってくるのかとは言い切れません。

そのため膝の下のさまざまな関節の痛みは、今現在起こっていなくても以前数回痛かったことはないかというところまで考えてみましょう。何カ所か、あるいは何回痛みが起こっていたことがあれば、今度どこかが痛くなったときには検査をしてみるタイミングと考えるべきではないでしょうか。

痛風で痛む膝の裏


痛風はさまざまな関節や腱、筋などに結晶ができると、激痛や骨の破壊まで起こる恐ろしい疾患です。その痛みの場所はいろいろですが、膝裏に痛みが起こることもあります。膝裏の痛みはすぐに痛風の痛みと気付かないこともあるようです。しかし膝の痛みは膝の上部、下部、両ワキのどちらか、そして膝裏など人によってさまざまです。

もちろん炎症がひどくなると膝の関節全体が腫れ上がりひどいことに。そして痛風の膝痛の場合は、膝の裏がズキンスキンすることも多いと言われています。その後が痛くなるときには、実は膝の関節ではなく、

膝裏にある筋の部分に尿酸結晶がたまってしまったとき

なのです。

そこでまだ痛風が軽いうちに、膝裏の異変に気付くことができると痛風の早期発見ができると言われています。最初は軽い痛みで、ほとんどはチクチクという痛みだけのことも多いとのこと。それも数日で完全に消えてしまいます。

人によってはそんな痛みは特に気にならない場合もあります。また同じところに痛みが起こるとは限らず、足の指の付け根だったり、手の指の関節だったり、アキレス腱当たりだったりということも。そしてその痛みは数日でなくなりますが、痛みの発生する間隔がだんだん短くなり痛みが強くなってきます

痛風はプリン体を取りすぎないことが必要ですが、しかしそれは痛風の治療の20%の部分に対してだけなのです。あとは体質を改善する

高尿酸血症の治療薬によっての治療が重要

になります。そのため食生活の改善を行い、それでも改善がなければ薬剤治療することが大切なのです。

痛みがひどくなってからの治療では、発作が出たときには強い鎮痛剤を大量に摂取することになります。もちろん鎮痛剤は腎臓や肝臓への副作用も考えられるので、できるだけ多く使いたくないのが本音。だからこそ早めの治療が必要なのです。

手に出る痛風の症状


一般的に痛風の痛みがどの部位に現れるのかというと、もっともポピュラーなのが、「足の親指の付け根あたり」と言われます。あるいは、足の甲だとかくるぶしから足首にかけて痛んだりするケースが多く、いずれにしても「足」を強烈な痛みが襲う病気という認識のされ方がもっとも一般的なのではないでしょうか。

ところが、痛風がほんとうに怖いのは

「足以外の場所」に痛みが出たとき

です。足の親指から徐々に身体の上方に向かってこの痛みが移動をはじめるのです。そのため、手首の関節やひじなどに痛みが出ることもあるのです。最悪の場合、心臓でこの現象が起こります。そうなると、まさに命にかかわる病気であるということになります。

「痛風は全身疾患である」と表現されることがありますが、これは、「どこか特定の原因が痛風を引き起こしているというわけではない」という、生活習慣の改善を促すための言い方であると同時に、「手足をはじめとする全身に疾患が現われる危険性がある病気」であるという解釈が含まれているのではないかという気がします。ですから、足だけでなく、手首や肘などにも説明不能な激痛が走ったら、すぐに病院で診てもらってください。

手の指にも出る痛風の症状


痛風は手の指にも症状がでることがあります。特に痛風というと特に足の指の関節や膝に出やすいと言われていますが、指先に出ることがあるので注意しましょう。手の指に痛風の痛みが出るときの前ぶれがあることも。まず指先がピリピリしたり、ジーンとうずくような鈍痛がしたり、また指を曲げると関節がむくんでいるような違和感があったりだるさがあったりすることもあるようです。

このような状態が出てもすぐに激痛にはならず落着いてしまいます。このような軽い前ぶれ症状が何度も出ては消えるということを繰り返し、だんだん痛みが強く出てくることもあるとのこと。その期間は1カ月後ぐらいに本格的な痛みになる人もいれば1年ほどこんな状態がときどき起こり、その後痛みが出ることも。

考え方によっては前ぶれを知ることができれば、本格的な症状まではまだまだ時間があるので、早く改善することでひどくならないということもあるわけです。痛風の痛みの前ぶれを黄色信号と考えれば、赤信号まで行かずに食い止めることもできるのです。

怪しいと思ったら検査をしてみる

のもおすすめです。しかし軽いうちは薬治療摂取はすぐに行わないことが多いので、特に病院にいかなくても自分で食生活や生活自体を見直すことで、治まる場合もあるのではないでしょうか。もちろんプリン体を摂取することだけが痛風の原因ではなく、体内でプリン体を生成してしまうところに大きな問題があるので、自分だけの節制ではどこまで改善できるかは個人差があります。


痛風の症状を自宅で改善する方法!