痛風の治療法


痛風は、現在の医学では

完治させることができない

というのがその治療法に大きく影を落とす形となっており、その結果、痛風の治療のほとんどが「対処療法」ということになります。要するに、発作が出た場合にはただちに尿酸値を下げ、痛みを排除するという考え方が、痛風の主な治療法ということになります。

また、痛風の場合、基本的にはずっと症状が出続けるということはありませんので、一度痛風を発症した人からすると、その苦痛の大きさから勘案しても、「二次予防」の対策が非常に重要な意味を持つようになります。

痛風の「一次予防」に関しては、あまり言われることがありませんが、特に罹患率が高い男性で、近親者の痛風罹患者、あるいは結石保有経験者がある場合は要注意です。

ほとんどが投薬治療


痛風の治療法(対処療法)としては、ほとんどが投薬治療ということになります。「ボルタレン」などをはじめとする鎮痛剤と消炎症剤を服用して痛みと炎症を和らげ、また、尿酸値を下げるために、「ザイロリック」などをはじめとする血中尿酸濃度抑制作用のある薬剤を服用します。

また、痛風の場合、あまりにも痛みが激しいため、副腎ホルモン剤であるプレドニゾロンやプレドニンといった強力なステロイドを投与することによって、炎症を抑えることも有効であると考えられます。ただ、これらの薬剤は非常に強力なステロイドであるため、服用には慎重を要します。また、ザイロリックは、二次予防を目的として、平時に服用することもあります。

そもそも論で痛風を考える


なぜ、あなたが痛風になってしまったのか?なぜ、あなたの旦那が痛風になってしまったのか?それを考える必要があります。他の人に比べてあなた、あなたの旦那はプリン体を多く摂取していましたか?ビールを浴びるように飲み続けていましたか?

おそらく、そんなことは無いと思います

痛風患者よりも毎日ビールを大量に飲み、プリン体を多く摂取している人はいくらでもいるのです。では、なぜ同じような、より劣悪な生活をしている人が痛風になっていないのかを考えてみたことがあるでしょうか?

プリン体摂取を控えるのなら野菜しか食べれません。その野菜にもプリン体が多く含まれているものもあります。もし、本当にいまから痛風対策をするとしたら野菜しか食べれないような過酷な生活を薦められるかもしれません

痛風を本当に治すためには、一つの事を集中して制限するものではないと思います。痛風になったから今日からビールを控える。その心意気は悪くないのですが、そもそも痛風の原因が本当にビールを飲んでいたからだけなのか?というのが本当は重要なのです。

もし、仮にビールを飲んでいる事だけが原因ならば今すぐ断つべきです。しかし、そのほかの要素を無視していては改善することは難しいのではないでしょうか?寝不足や疲れ、ストレスなども原因だとすると

断酒しただけでは改善が望めません

そもそも一つを集中して断つ方法は苦痛を伴います。分かりやすく言えばダイエットでも同じです。食事制限だけで痩せようとすれば相当な食事制限をしなければなりません。それに運動を加えることで多少の食事を口にしても効果的にダイエットできますし、健康的です。

痛風も同じ世にありとあらゆる要因を少しづつ排除すれば無理なく改善できるはずです。その為にも痛風の本当の原因を幾つも知る必要が出来てきますが色々な要素にすこし気を配るだけで痛風を改善させることが出来るのです。

百歩譲った痛風のメリット


痛風という病気が、そんじょそこらの痛みではないということがおわかりいただけると思います。ということで、百歩譲って痛風の痛みにメリットがあるとするならば、それは、

誰だって治療せずにはいられない

というレベルの痛みであるということになるでしょうか。

また、痛風の発作の場合、たとえ治療を行っている真最中であっても発作に襲われることがないわけではありません。これは、痛風という病気の非常に難しい部分であり、発作が起こるそのメカニズムが解明されていたとしても、その本質的な原因が解明されていないため、その発作を完璧に防ぐことは難しいと考えることができるわけです。

もちろん予防ができない病気ではありませんが、予防がパーフェクトである病気というわけではないという点には注意が必要になります。

ですから、痛風治療を行いながら発作が起きたからといって、薬に問題があるわけでもなければお医者さんのミスがあったわけでもありません。従来であれば予防できているはずであるにもかかわらず、ほんのちょっとしたファクターで、薬ではコントロールすることができない状況に陥ってしまったというケースがこのケースに当たります。そして繰り返しになりますが、痛風という病気では、そういうことがよく起こるということも認識しておくとよいでしょう。

痛風発作の治療には湿布が有効


肩こりや腰痛、ひざ痛などで悩んでいる人にとってはおそらくおなじみの治療アイテムであるのが「湿布」です。湿布の種類にもいろいろあって、一般的には冷たい感覚の「冷湿布」がメジャーである印象もありますが、肩こり、ひざ痛、腰痛などでは、症状によって「温湿布」が用いられるケースも珍しくありません。

ただ、患部に炎症が起こっている場合には、炎症を鎮めるために原則として冷湿布を用いることになります。ですから、捻挫や骨折など、炎症による痛みを発している場合には、

冷湿布で患部を冷やして炎症を鎮めることが優先されます

捻挫や骨折にくらべても痛みの度合いでははるかに大きいケースも多いのが「痛風」です。痛風の腫れや痛みに関しても、基本的には炎症が最大の原因になっていますので、炎症を鎮めるために冷湿布を用いる治療が行われるのが一般的です。

ですから、たとえば足の親指のつけ根に激しい痛みを覚えて病院に駆けつけ、そこで痛風であるという診断が下った場合、まずは痛みを和らげる鎮痛剤(ボルタレンなど)と、尿酸値を下げる薬(ザイロリックなど)、また、炎症を鎮めるために白血球の働きの活性を下げるステロイド系の薬(プレドニゾロンなど)、そして、消炎剤が配合された冷湿布が出されるケースが多いです。

痛風の場合、完治させることができないとされる病気だけに、激しい痛みをともなう発作に襲われた場合には、よけいなことを考えず、とりあえず痛みを鎮め、炎症を鎮めるという方向性で治療することが重要です。そのためにも、痛風の発作に襲われた場合には、応急処置として冷湿布を患部に貼ることをおすすめします

また、家に冷湿布がないという場合には、洗面器に水を張って氷を投入し、その中に足を入れて患部が冷水に浸るようにして患部を冷やすという応急処置が有効です。痛風の発作の場合、まさに「待ったなし!」という状況に一瞬にして陥ってしまうため、一度痛風を発症してしまったとしたら、

冷湿布は常備しておくことを強くおすすめします

また、湿布を切らしてしまったとしても慌てず、氷と水で冷やすことを考える必要があるということをよく認識しておいてください。


痛風の症状を自宅で改善する方法!