痛風と遺伝


一般に、

痛風は遺伝すると考えられています

実際、近親者に痛風患者がいる場合には、近親者に痛風罹患者がいない人間よりも痛風を罹患する可能性が高まるというデータがあります。

ただそれは逆に言えば、実際に痛風に罹った人の生活習慣を知ることができるというメリットもあるわけで、つまり、痛風を罹患した近親者の生活習慣を反面教師として食生活をはじめとする生活習慣の糧とすることが重要になります。また、痛風以外にも、

結石保有(特に腎結石)経験者が近親者がいる場合

には、本人が痛風を発症する可能性が高まると言われています。

これらの遺伝学的分野で痛風をとらえるときには、遺伝子の変化によって痛風に罹りやすい傾向を示すケースもあります。遺伝子レベルの話なので、この話を掘り下げるとあまりにも難しい話になってしまいますが、この部分を医学の力で操作するということは、さすがに現段階では考えられませんし、また、その部分を深く掘り下げることは、痛風という病気の本質からも少しかけ離れてしまう気もします。

いずれにしても、痛風を経験した、あるいは結石を経験したという人が近親にいる場合には、できるだけその生活習慣を参考にして、痛風を発症させないような一次予防的な観点で自らの生活習慣を見つめ直すことが重要であると言えるのかもしれません。

ただ、近親者に痛風患者がいるからと言って、あまりにも過敏になってしまうのも問題があると言えますので、常識の範囲内で考え、行動することが望まれます。


痛風の症状を自宅で改善する方法!