水を飲んで痛風は治る?


少なくとも痛風の発作から救われようとして水を大量に飲むというのは、あまり効果的ではないと考えていただいたほうが無難でしょう。

ただし、水分をしっかりと補給することによって、

日常から血中の尿酸濃度を低下させる

ことは、十分プラスになることが予想されます。もちろん、一度に大量の水を飲むというのはたいへんなことですから、水をはじめとする水分補給の回数を多くするなどの方法が有効でしょう。これによって、痛風の予防的な効果はある程度見込めるはずです。

ただ、勘違いしていただきたくないのが、「水を飲んだからといって、痛風が治るわけではない」ということです。この認識だけは、どんなことがあって失っていただきたくないところです。

痛風は、発症する詳細なメカニズムがまだ解明されておらず、また、痛風を完治させる方法もまだ確立していません。ですから、水を飲む量を増やしたからそれでなんとかなるという発想は、完全な誤りであるといえます。このあたりの誤解は、特に痛風をすでに発症したことがあるという人は特に、注意すべき部分です。


水による痛風治療は可能か


ひと昔前ならそれほど言われてこなかった「水分補給の重要性」が、近年盛んに叫ばれるようになってきていますが、これは、特定の病気にだけいえることではありません。もちろん、たとえば心疾患や腎疾患など、過度な水分補給が禁忌とされる病気もありますが、血中の老廃物をスムーズに排出することはたいていの病気に「是」として解釈されるため、水分補給を十分に行って、これをスムーズに行うことが有効であると考えるのです。

とすると、血中の老廃物が直接的に影響する病気に対しては、このことはさらに強調していえることになります。たとえば「痛風」という病気はその典型例と考えることができるでしょう。

というのも、痛風という病気は、血中の尿酸濃度が上昇することで発症する「高尿酸血症」という病気から派生する病気だからです。血中の尿酸濃度の上昇にともない、尿酸が結晶化することにより、これが神経を突き刺すように刺激することから、強烈な痛みをともなうのが痛風の特徴です。

ですから、血中の尿酸濃度を低下させるためには、水分補給をしっかりと行うことが重要であるということになります。ただ、痛風という病気は一度発症してしまうと、完治することはないと考えられている病気です。

ですから、水分補給を行うことで痛風が完治したなどという話もときおり耳にしますが、残念ながらそれは何かの間違いであり、事実と異なる情報であるといわなければなりません。

水分補給をしたとしても、痛風が完治することはありません。もちろん、水分補給によって血中の尿酸濃度が低下するために、

発作が起こりにくい状況になる

ということは間違いありません。ただし、水分補給によって尿酸濃度を低下させるという考え方は、言ってみれば「体質改善をする」ということを意味するわけですから、一度にガブガブと水を飲んだからそれでよいということではありません

出来るだけ、細目に水分を補給

し、血中の尿酸濃度を上昇させないように、あくまでも「工夫」、「努力」するという考え方が有効であるという発想です。考えてみれば、のどが渇いているわけではないにもかかわらず、水分補給をするということほどつらいことはありません。

しかし、のどの渇きがなかったとしても、少量ずつこまめに水分補給するということであれば、それほど大きな苦痛をともなうことはまずないでしょう。ですから、「少量ずつこまめに水分補給する」という認識の下に、痛風と付き合っていくという考え方が重要であると思われます。

痛風治療を水分補給で考える


痛風治療の治療として水分補給が効果あると言われています。とにかく尿酸が固まって結晶になってしまったものを、流し出すことができるのが水分摂取なのです。水分を十分摂ることで腎臓からの尿素排泄も良くなると言われています。

尿酸の70%が尿から排泄される

と言われています。尿量が少ないことは尿酸値を高めてしまうことにもなるのです。健康体は1日1.2リットル程度が適量と言われていますが、尿酸の多い人だけでなく水分摂取の少ない人も尿酸値が高くなってしまうことがあります。

痛風の傾向がある人は小まめに水分補給を取り、特に一般の2倍程度の2リットル〜2.5リットルを摂取することが良いでしょう。尿をアルカリ化するために、1日2リットルの水分補給を目安とします。

水分は摂取した分の水分が排出されるので、トイレも回数が増えたり1回の量が増えたりはしても少し我慢になりましょう。

今までが多めの人や少なめの人がいるので、いちがいには言い切れないものの、いつもよりコップ4〜5杯多めに飲むように意識するといいのではないでしょうか。水でなくても緑茶やウーロン茶などでもOKです。紅茶などは利尿作用も高いのでおすすめです。

ただし

甘みのあるソフトドリンクなどは逆効果

になることもあります。またカロリー0のものでも、人工甘味料が腎臓や肝臓疾患にも影響があるということや、内臓脂肪が増えるなどというリスクがあることも言われているので、とにかくカロリーに関係なくソフトドリンクはやめましょう。

またアルコール類はいくら水分であっても、体内で肝臓にアルコールが分解されるときに尿酸が作られます。そして水分補給は一気に大量に飲まず、寝る前、食事のとき、入浴の前後、起きたときなどにコップ1杯程度ずつに分けて飲むといいでしょう。

痛風改善には痛風の原因であるプリン体をつくって尿酸を増やさないこと、尿酸を排出すること、痛みの炎症を取ること、痛みを取ることとの他面からの改善が必要です。水分を多く取ることは、尿酸を排出する部分での改善が期待できるものと言えるでしょう。

水分補給をして痛風を予防することは可能か


「痛風」に関しても、水分補給は重要です。何しろ、血中の尿酸濃度が上昇することで発症する病気ですから、少しでも水分を摂って濃度を下げる必要があるという考え方自体は間違いではありません。

ただ、水分を摂ったからといって、

「痛風の予防になる」という発想は少々乱暴である

といわなければなりません。というのも、痛風の原因というのはまだはっきりしておらず、よく言われる「肥満だから」とか「アルコール分の過剰摂取」とか、「運動不足」とか、根拠とされるいろいろな推論がすべて決め手不足であるのが現状です。

ですから、「水分補給を頻繁に行えば痛風にならない」というのはあまりにも乱暴すぎてしまいます

とはいえ、理屈としては、「血中の尿酸濃度を下げる」ことにはなるので、一時的であるにせよ、高尿酸血症の傾向は顕著でなくなります。したがって、痛風を発症しづらくなるということは言えるでしょう。

ただ、問題はその状況を継続的に維持するのがあまりにも難しすぎるということです。水分補給に関しては、工夫のしようがないわけですから、強硬手段に出るしか方法はないわけです。これは正直言ってけっこう重労働です。

また、水分を補給する際に注意をしなければならないのは、心疾患、もしくは腎疾患がある人です。これらの病気では、水分を過剰摂取することで

心臓や腎臓に大きな負荷をかけてしまうことになるからです

ですから、心疾患、腎疾患をもっている方が同時に痛風を発症したというケースでは、水分補給に関して担当医に相談してから実行することを徹底しなければなりません。

ということで、水分補給をこころがけることは悪いことではありませんが、しかしそれはあくまでも痛風予防や痛風の改善を目的とするのではなく、日常の健康のためという考え程度でちょうどよいのではないでしょうか。ですからあまりにも水分水分・・・と意識しすぎる必要はないといえるでしょう。

痛風の予防には水分摂取が重要


痛風の予防は水分補給がとても大切です。痛風予防にお茶をたくさん飲む人も多いのではないでしょうか。その中でも特に

緑茶は痛風の人にはおすすめのお茶です

例えば痛風になると腎機能が低下する可能性があります。これは高血圧と動脈硬化が原因と言われていますが、他にも鎮痛剤などの副作用もあるようです。しかし緑茶には血圧を下げる効果や、コレステロール値を下げる効果があります

特に緑茶の中のカテキンが高血圧や動脈硬化の予防に効果があると言われ、抗酸化作用が腎機能低下を防ぐ効果もあるわけです。しかし残念なことに痛風の予防や改善には、緑茶は向いていない部分もあるとのこと。

緑茶に含まれるカフェインは、利尿作用が強いということを知っている方も多いのではないでしょうか。つまりカフェインは体外に水分を排出する効果があるのです。もちろんむくみ予防など、それが健康上とても必要な場合もあります。

しかし痛風にとって水分の排出は血中の尿酸濃度が高くなる原因にもなるため、発作が起り安かったりすることにもつながるのです。緑茶でなくてもコーヒーや紅茶も同じことが言えます。そこで緑茶は

痛風予防効果も高いと同時に問題もある

ということになるのです。

しかしお茶でも痛風に効果のみがあるお茶もあります。例えばどくだみ茶杜仲茶なども、高血圧や動脈硬化に効果があり、その上体内の毒素の排出効果が高いので、尿酸の排出にも効果があるとのこと。

このような健康茶を摂取するようにすると、痛風予防にも改善にも効果があると言えそうです。

ただしこれらのお茶は緑茶より、価格的にも高くなり味的にもちょっと癖があるかも知れません。その辺が自分にとって問題ないものであれば是非おすすめです。そして緑茶やコーヒーや紅茶もやめるのではなく、多すぎない程度に楽しみましょう。

尿酸値を下げるにはコーヒーなどの飲み物も


できるだけ膀胱の中の結石などを流し出すためにも、少しでも多く水分量を摂るといいでしょう。そのためにはコーヒーが効果的だと言われています。コーヒーは利尿作用が強いため、尿量が多くなります。そのため膀胱や腎臓の浄化にも効果があるということになるのです。

ただし利尿作用が高いということは、どんどん水分摂取をすることも必要だということなのです。つまり体内の水分をどんどん入れ替えるというイメージを持つようにしましょう。

そこでコーヒーを飲んだら、

その分の水分を摂るということが必要

です。例えばコーヒーを3杯飲むなら、普通より3杯お水も多く摂るということになります。つまりコーヒーを一杯飲んだら、その後忘れないうちに一杯の水を飲むようにしましょうということなのです。

ただしコーヒーがいいからといって飲み過ぎは問題があります。コーヒーはカフェインが多いことでも知られています。カフェイン中毒症になるリスクもあるので、飲み過ぎには注意しましょう。そういう意味では緑茶や紅茶などもカフェイン飲料なので注意が必要です。しかし紅茶はコーヒーの半分程度、緑茶はコーヒーの3/1〜4/1と言われています。

また人によっては紅茶でも高い利尿作用を感じる人もいます。その代わりお茶ではあまり感じなかったりと、机上の計算だけではなく体質もあるようなので、自分が利尿を感じたらその分の水分補給は必要であると考えるようにしましょう。

尿酸値を下げる飲み物について


尿酸値を下げることは高尿酸血症の予防や改善には欠かせないことです。そこで最近はプリン体の少ない食品が注目されていますが、飲み物はうっかり意識するのを忘れがちになります。そこで尿酸値を下げる飲み物や、尿酸値を上げる心配のない飲み物を考えてみましょう。

特に飲み物は

尿酸値が高い人は多く摂取すべき

と言われています。そのため尿酸値に影響のない飲み物を摂取するようにしましょう。まず水は特に尿酸値を上げるものではなく、逆に血液中の尿酸を薄めるので尿酸値を下げる飲み物です。1日2リットル近く飲むといいと言われています

またお水より尿酸値を下げる効果が期待出来ると言われているお茶があります。例えばトウモロコシ茶、アマチャズル茶、オオバコ茶、ナズナ茶、クワの葉茶、たんぽぽ茶、ルイボステーなどがおすすめです。特にたんぽぽ茶は西洋たんぽぽから作った健康茶で、新陳代謝向上の効果がありカフェインが入っていないので安心していくらでも飲めます。

またコーヒーが尿酸値を下げると言われていますが、臨床実験から毎日6杯以上コーヒーを飲む人は飲まない人に比べ、

約43%も尿酸値が高くなるリスクが減る

ことが分かったのです。ではそのメカニズムはというと、その研究はまだまだはっきりした効果が出ていません。もちろんコーヒーの利尿作用が、このような効果をもたらしているとも考えられていますが、特にコーヒーに高い効果がある理由解明は今後進むのではないでしょうか。

もう一つ尿酸値を上げない飲み物ということで、お酒についても触れておきましょう。今はプリン体がゼロのビールなども出ており、安心して飲めると思っている人もいるのではないでしょうか。また焼酎など、始めからプリン体ゼロなので尿酸を上げないお酒と考えている人もいるはずです。

しかし実際にはプリン体の問題だけでなく、アルコール自体が肝臓で分解されるときに尿酸が作られてしまいます。またもう一つ、アルコールの分解途中で乳酸が産生され、この乳酸が体内に尿酸を蓄積させてしまうという2つの理由があるのです。そのためお酒自体にプリン体が含まれている部分だけクリアしていても、尿酸を上げないことにはならないのです。

尿酸値を下げる飲み物

尿酸値を下げるために水を多く飲む


尿酸値を下げるための努力として、水を多く飲むということもよく言われていることですが、これは本当に必要なことなのです。臨床実験での結果でも、もちろん証明されていることですが、血液中の濃度は水分摂取によってだいぶ違ってきます。水分をきちんと摂ることで血中濃度も下がるので、当然血中の尿酸値を下げることもできるのです。

ただし間違ってはいけないのは、水分で血中濃度が薄くなっても、基本的にプリン体摂取が多い人や体内でのプリン体産生が多い人、尿酸排出ができない人などは、その部分も同時に改善させることが必要になります。しかし尿酸値が比較的高い人が日常的に水分摂取が少ないと高尿酸値状態が続き、痛風などにもなりやすくなります。

毎日水分を摂る量は人によって習慣があります。水分摂取量の少ないタイプの人は特に注意が必要になります。そんな人は是非毎日水分摂取を多くするように意識すると、尿酸値が下がるということにもつながります。毎日大体2L程度は摂取するようにしましょう。

一般の人でも1日1.5Lから2Lと言われていますが、そのぐらいは飲んでいるという人は、水だけの問題ではないということが言えそうです。そこで水は多めに飲むようにしながら、食生活やお酒などについても見直しが必要だと言えるのではないでしょうか。

また水を毎日3L飲んでいるという人に聞くと、水を多く摂った方がお酒を飲む量が減り、毎日お酒を飲む習慣がなくなったと言っています。つまりお酒をつい飲んでしまう人は1日の水分量を高く設定すると、お酒が飲みたくなくなるという効果があるというのです。例えば喉が渇いたときに、ついビールを一杯という人の習慣も多いはず。

もちろんビールも水分補給にはなりますが、そのかわり尿酸値を高める原因になってしまいます。ビール好きの人は、ビールを美味しく飲むために水を控えると言います。つまり

水をいっぱい飲むとビールも飲みたくなくなる

のです。こんな効果も結構尿酸を高めないためにはおすすめなのです。

痛風の予防効果が見込める飲み物は何か?


痛風という病気(発作)が発症する直接的な原因は、「血中の尿酸濃度が高くなる(高尿酸血症)」ことです。ということは、痛風を予防するためには、水分の多い飲み物、食べ物を積極的に摂取して、血中の尿酸濃度を挙げない工夫をすればよいということになります。

水分の多い飲み物といわれて真っ先に思い浮かぶのが、やはり「水」がもっとも手っ取り早いということになりますが、しかし、

のどが渇いているわけでもないのに大量の水を飲む

というのは、かなり辛いことであるという想像もおそらく簡単につくことでしょう。

ですから、水などの水分を豊富に含んだ飲み物を摂取するという考え方が、痛風の予防として適切かどうかはイマイチ不明瞭であることになります。

ただ、これは短期的に予防するという発想では無理であっても、しかし、長期的に水分を豊富に摂取する習慣を身に着けることで、もちろん予防として完全な形はとれないものの、痛風のリスクを最小限にとどめることは可能かもしれないという発想は悪くないといえます。

ですから、水分を摂取する習慣を身に着けることは、痛風の予防という意識ではなく、「身体に良いこと」であるという意識で、これを実行してみるとよいのではないかという気がします。

水分を摂取するということは、痛風に限らず、あらゆる病気に有効であるという考え方が有力視されますので、痛風という意識ではなく、「身体の健康のため」という意識があれば、それなりに努力することができるのではないでしょうか。

痛風は全身疾患であるという言い方をされますので、結局のところ、

身体全体が健康が、痛風を予防する最善の策

であるという考え方もできるはずです。水だけだと厳しいという人は、飲み物に工夫をすることも考えるとよいでしょう。ただし、心臓や腎臓に疾患がある人は、多量の水分摂取が臓器に負担をかけるケースもありますので、その場合は医師と相談することが大切です。


痛風の症状を自宅で改善する方法!