痛風の予防


痛風という病気は、現在の医学の範囲ではこれを完治することができないため、「痛風に罹らない」ということが非常に重要になってくるわけですが、しかし、あらゆるタイプの痛風がすべて生活習慣の乱れが原因となっているわけではないというのも、痛風の一次予防(発症を未然に防ぐ)を難しくしている事実です。

たとえば、近親者に痛風の罹患者がいる場合や、あるいは腎結石、尿路結石など(特に前者)を発症した経験がある人が近親者にいる場合、痛風を発症してしまう可能性は少し高くなるという、遺伝的側面も持ち合わせている病気です。

そのため、もちろん生活習慣を見直し、食生活を改めるということは、痛風はもちろん、それ以外の病気の一次予防となりうることではありますが、痛風の発作特性を踏まえると、やはりこの病気に限っては「二次予防」が非常に重いウェートを占めることになりそうです

プリン体は意外に少ない


たとえば、発作が出ていない状態では、一次予防と同様に、生活習慣、食生活の乱れを改善し、適度な運動を取り入れる、ストレスを蓄積させないなど、できることはたくさんあります。

また、痛風においては諸悪の根源のような言われ方をすることも多い「プリン体」ですが、これに関しても、食生活の見直しをしてから摂取する分には、

それほど大量にプリン体を含有している食材は多くない

ため、あまり気にする必要はないとする説もあります。

ビールをはじめとするアルコール類も、完全に禁酒してストレスをためるよりはむしろ、適量を飲むという方向のほうが痛風と向き合う上で健全であるという考え方もあります。プリン体摂取量がそのまま痛風の発作になるボーダーラインでは無いことからも伺えます。

痛風の予防方法


痛風は、一度発症してしまうと完治しないとされる病気ですから、ご友人や知人、あるいは身近な人が痛風を発症したなどというケースから「痛風の恐ろしさ」を知っているという人であれば、何とかして痛風にならないように予防をしたいと考えるのは当然のことでしょう。

しかしながら、痛風の予防方法に関しては、

あまり、はっきりとした事が言えない

というのが実際のところです。というのも、痛風という病気は、その発症原因が明確にわかっていないからです

原因がはっきりとわからない以上は、どんな方法が痛風の予防になるのかということがはっきりとはわからないことになってしまうわけです。ですからここで「こういう方法で痛風を予防することができます」と、はっきりしたことを言うことはできません。

ただ、だからといって、「何をしても無駄」というニュアンスでとらえていただきたくはありません。何しろ痛風という病気は「全身疾患」であるという言われ方をしますので、このあたりにヒントを得て考えてみるという方向性が一番適しているのではないかという気がします。

痛風を発症するということは、免疫システムに何らかの不都合が生じているということは間違いなくいえるのですが、この手の病気はその原因がわかっていないことが多い反面、血液の循環を改善させることでその症状を最小限に軽減させることはできる場合が多いのです。

ですから、現時点で痛風を発症していない人が、未然にこれを防ぎたいと考えるのであれば、あまり痛風のことを気にしすぎてしまうのではなく、

基本的な健康をしっかりと維持する

ということに重点を置くべきであるという気がします。まずは、どこか悪いところがあれば徹底的にその部分からどんどん改善していくことが重要です。そして、もしどこにも悪いところがないのであれば、痛風に限らず、悪いところをつくらないような工夫と努力をすることが大切です。

たとえば暴飲暴食は避ける、適度に運動をする、できるだけ規則正しい生活をこころがける、ストレスを溜めないなどといった、ごくごく基本的な健康維持のためのチェックポイントをしっかりとクリアしていくことが求められます

これらのすべてが満足していなくても、痛風を発症しない可能性もありますし、このうちのどれかひとつがクリアできなくても痛風を発症してしまうかもしれないのが痛風という病気の特徴です。ですから、「基本的な健康を維持する」ことに最大限の注意を払うようにすることをとりあえず重視してみるという必要はあると思います。

コーヒーで痛風予防できる!?


痛風に関する予防や対策、治療など、いろいろなところでいろいろな方法が紹介されますが、それはつまり、痛風がそれだけやっかいな病気であるからということに他ならないでしょう。

中にはかなり奇想天外な方法が紹介されることもありますが、今回ご紹介するお話も、どちらかといえば一般論をやや逸脱した奇想天外な方法であるといえるかもしれません

というのも、「痛風はコーヒーで改善される」ということですから、これはかなり驚く話ではないでしょうか。何しろ、コーヒーはカフェインを摂取することになり、また、砂糖を投入すれば、それだけ高カロリーになるため、どちらかといえば痛風にはマイナス効果が大きいようなイメージもあるからです。

しかし実際のところ、アメリカの医師がコーヒーと痛風の罹患リスクについての実験を検証しているのです。ただ、だからと言ってコーヒーを飲みさえすれば痛風が予防できるというものではありません。おそらく、コーヒーは毎日欠かさず飲んでいるけれども、結局痛風になってしまった・・・という人も少なくないはずです。

それもそのはず。というのも、コーヒーを1日に3杯飲む人は、1日にまったく飲まない人と痛風に関する差異はないというデータがあるからです。しかし、1日に4杯飲むという人は、3杯以下の人にくらべると、40%程度のリスクを軽減できるというのです。

6杯飲む人は、60%のリスク軽減がなされるということで、もしかしたら

「それならば・・・」

と思い立った人もいるのではないかという気がしますが、しかし実際のところ、1日にコーヒーを4杯も5杯も飲むというのはかなり大変な事であるといえるのです。

まずは、コーヒーに含まれるカフェインを大量に摂取することになり、しかも、カロリー制限のためにはすべて砂糖なしのブラックで飲む必要があるわけですから、ハードルはかなり高いといえます。ですから、よほどブラックコーヒーが好きな人でもない限り、この方法で痛風予防するのは、

あまり現実的ではない

ということになります。

ただ、コーヒーそのものというより、コーヒーに含まれるポリフェノールの一種が利尿作用をもたらすことにより、尿酸を効率的に排出することができるという点で、痛風の予防に役立つというところまで立証されていることは、何らかのヒントになるかもしれません。ですから、予防にはならないものの、コーヒーは適度に飲用するという考え方が無難なのではないかという気がします。

痛風の予防薬について


予防薬は、たとえばぜんそくなどの特殊な病気で用いられることが多い印象ですが、風邪の予防薬も実際存在していますし、広義では「ワクチン」も予防薬の一種と考えることができるかもしれません。

「痛風」に関してですが痛風は非常に特殊な病気とされますので、その予防薬が存在していても不思議はありません。しかし、厳密な意味で痛風の予防薬というのが存在しているわけではないのです。

というのも、痛風は尿酸値が上昇しなければ発症しない症状ですから、痛風そのものを予防するというよりは、痛風を発症する最大の原因となる

「高尿酸血症」を予防することが重要なのです

ですから、一般的に「痛風の薬」とされる「ザイロリック」など一連の「尿酸値下降剤」は、痛風を発症する前に飲むことで、発作を回避することができるという考え方で、痛風の予防薬的なつかわれ方をするケースが非常に多いのです。

要するに、「高尿酸血症の治療薬」が「痛風の予防薬」として機能していると考えることも十分できるのです。ですから高尿酸血症を発症しているという人は、継続的、あるいは断続的に、尿酸を下げる薬を服用していたほうが、痛風発作のリスクを軽減することができるわけです。


痛風の症状を自宅で改善する方法!