痛風ってどんな病気?


痛風とは、「高尿酸血症」と呼ばれる、

体内で合成される尿酸の血中濃度が高くなる病気

が主な原因となり、「風が当たるだけで痛い」というくらいの激痛をともなって発症する病気です。多くは左右どちらかの足の親指の付け根あたりに炎症を起こし、悪化すると患部が大きく腫れあがり、歩くことはおろか、じっとしていることもままならない激痛に始終苛まれるという、たいへんおそろしい病気です。

痛風の原因は、いろいろと研究も進められさまざまな結果が報告されていますが、決定打となるような明確なメカニズムが解明されてはおらず、現在では関節リウマチや全身性エリテマトーデス、線維筋痛症などで知られる「膠原病(こうげんびょう=全身炎症性臓器疾患群)」の一種であるという考え方もされるようになっています。

痛風の場合、

男性の発症率が圧倒的に高く、女性には珍しい病気

です。逆に、関節リウマチは女性特有の病気であり、男性が発症することはきわめてまれであると言われています(ただし、「悪性関節リウマチ」は男性のほうが多い)。


どんな病気なのでしょう


痛風はいったいどのような病気なのでしょう。痛風について知っておくことで痛風の予防や改善、治療にも前向きに進めるはずです。まず基本的に痛風は尿酸の分泌が多く、尿酸の排出がスムーズでないという尿酸代謝異常ということになります。

その理由はプリン体の多い食生活は痛風の原因の20%であり、残りの80%は尿酸の代謝にトラブルがあると言われています。そのため治療はプリン体に注意した食生活の見直しだけでは治らないのです。そこで尿酸の異常分泌を抑える薬と、排出をスムーズに行う薬による薬治療も行う必要があります。

また痛みは相当ひどいものなので、鎮痛剤なしでは耐えられないものと言われています。しかしその痛みになるまでにチクチクした痛みが起こり、だんだんズキズキと強い痛みになるとのこと。そして痛みのピークは2〜3日と言われていますが、長いときには2週間も取れないという場合もあります

この痛みは鎮痛剤で取るしかないので、鎮痛剤を使って発作を乗り切りながら薬剤治療をしていきます。しかし相当初期でない限り、ある程度発作がひどくなっても薬剤治療はすぐに始めず、次のステージになったときから薬剤治療が始ります。それまでは鎮痛剤での痛み止めだけの痛みを抑える治療のみとなります。また鎮痛剤も痛風に合わないものもあるので、医師に相談して処方された薬を摂取するようにしましょう。

また女性の場合エストロゲンが痛風を抑制する働きがあるため、男性に多い病気と言われています。しかし女性でも更年期以降のエストロゲンが急激に減ったときや、若くてもストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまうと引き起こしてしまうこともあるようです。

また痛風の合併症として高血圧や動脈硬化などの成人病が起こるリスクも高く、逆にこれらの疾患を持っている人が痛風になるリスクも高くもなります。そのためプリン体を多く摂取しないことはもちろん、コレステロールや塩分にも注意しなければならないと言われています。

その痛風の情報は正しい?


痛風という病気は間違った情報が流れています。間違ったとまで言えば極論になるかもしれませんが、病院に通っても一向に改善されない人が多いのが痛風が完全に医学で解明されていない証拠だと思います。

一般的に言われている痛風の対処方法が間違っているのでは?

と疑問に思うことから始める必要があるかもしれません。

そう思うようになったのは実際に痛風を治した、改善させたという人の話を色々聞いているうちにそう思えてきました。病院では言われない方法で改善させていたのですから・・・

病院が間違っている訳ではありません。病院から言われたことだけしていても改善できなかったという人は病院から言われていない事が出来ていないからだと思えてきたのです。原因を知るから改善できますし、予防も出来ます。なってしまった人はもちろん、なっていない人もしっかりと痛風と言う病気を勉強していきましょう!

痛風を治そう!


痛風は恐ろしい病気ですが治らない病気ではありません。実際に痛く恐ろしい痛風の発作がなくなり完治させた人もいますし、改善された方も数多くいるのです。痛風を改善させた人の中には病院や医師などから言われた方法ではないやり方で治したという人も数多くいるのです。

痛風になれば禁酒をしなければならない、食事制限をしなければならないという単純な仕組みではないのです。そんな単純な事で治る病気ならもっと痛風という病気は恐ろしくありません。なぜならお酒を飲まず、食事を制限すれば治るのですから我慢すれば良いだけの事!

しかし、実際はそんな簡単な話でもありません

痛風を患っている人をたくさん知った今、そんな単純な方法で改善されたという人は私の周りではいないのです。

痛風を治した人の生活を見てみると痛風の改善の仕方が見えてくるはずです。このサイトでは痛風を患い、改善させた人たちの生活を垣間見ることで痛風の改善の仕方を学ぼうという趣旨で制作されています。

痛風は治る病気?


よく言われるのが、「痛風は治るのか?」という疑問形のことばですが、結論から言ってしまえば、

残念ながら痛風は完治することがありません

もちろん、これも「現状の医学では」という意味です。

痛風に関しても、いろいろな角度からアプローチが試みられており、近年では痛風の直接的な原因となる「尿酸」に対処するための薬も久しぶりに新しく登場するということで、その研究は日夜進められていることは間違いありません。

ですから、今は確かに「痛風は治るのか?」という疑問形がよく聞かれるところではありますが、しかし、おそらくそう遠くない未来に「痛風は治る病気である」ということになるのではないでしょうか。何しろ、あの恐ろしい「がん」でさえ、今では「治る病気」になりつつあるわけですから、痛風だっていずれは「完治する病気」となることができる時代もやってくるのではないでしょうか。

ただし、現状はまだ「完治できない病気」であることには違いありません。現状痛風の対処として重視されていることは、いかに「寛解」の状況にこぎつけるかということになります。つまり、「完治はしていないけれど、発作が起こらなければ完治しているのと変わらない」という病態が当面の目標ということになります。

そして、近年の痛風治療は、薬の進化と病気の研究によって、寛解を手に入れることがしやすい病気であると考えられるようになってきつつあるのです。運動をする、野菜をたくさん食べる、新陳代謝を盛んにする、運動をする、水分をこまめに補給する・・・などということが、痛風の重要な予防であるといわれていますので、痛風に罹ってしまった人もそうでない人も、ぜひ参考にしていただければと思います。


痛風の症状を自宅で改善する方法!


更新履歴

11月01日 PN-0を更新しました
10月30日 恵葉プレミアムを更新しました
10月13日 白井田七を更新しました
 9月30日 治療法はほとんど対処療法を更新しました
 9月21日 プリン体とは何か?を更新しました