そんな事あるの?尿酸値が低いのに痛風?

尿酸値が高くなるということは血中の尿酸が増えるので、それが関節などに固まって溜まってしまい痛風の発作となる。これが普通に考えられる痛風と尿酸値の関係ではないでしょうか。

そして正常な血中尿酸値は3.0mg/dl~6.5mg/dlまでと言われています。7.0mg/dlからは高尿酸血症となり、いつ痛風の発作が起こってもおかしくない状態だということになります。もちろん



ので、最終的に1回も痛風の痛みが起こらなかったという人もたくさんいます。

しかしそれとはまったく逆に尿酸値が低すぎても、低尿酸血症と言われて痛風の発作につながることもあるのです。その場合の数値は2.5mg/dl以下ということになります。

やはり尿酸の結晶化によって関節などの体温の低いところに溜まってしまう傾向があり、それが痛風発作として激痛をもたらしてしまうのです。

低尿酸血症の場合の



というもので、腎臓が普通の正常な人より尿酸を多く排泄してしまうと言われています。必要分までも排泄してしまうため低尿酸値になってしまうものです。

原因としてはプリン体の摂りすぎではなく、その反対の不足ということになりますが、この場合一番考えられるのが無理なダイエットによる食事制限です。

また尿路結石が起こりやすくなるのも、この低尿酸血症なのです。


また急性腎不全や尿路結石を発症しやすいというリスクもあります。特に腎性低尿酸血症の場合は運動の後に急性腎不全を起こすことが多く、運動もあまり過激なものは避ける必要があります

またこのようなことを防ぐためには運動の前にアロプリノールの投与やビタミンC、ビタミンDの投与などが行われます。

尿酸値が正常値よりやや低い程度なら特に心配はありませんが、極端に少なくなっている場合は注意が必要です。

突然尿路結石の痛みで病院に行って、初めて低尿酸血症だと知る人もいるようです。過剰なダイエットなどをしている場合は、すぐにやめれば戻ることが多いので早く戻すようにしましょう。

 

尿酸値の低い痛風ってあるの?

「尿酸値が高くなると痛風になるぞ」と言われプリン体量を気にしている人も多いのではないでしょうか。しかし



のです。確かに低尿酸血症の人も尿路結石ができると言われています。つまり痛風になるかどうかは、まず尿酸代謝異常がある場合ですが、高い場合の方が痛風になりやすいと言われていますが低くても痛風にはなるのです。

痛風自体、尿酸の結晶が関節液に剥がれ落ちたときに、体の免疫機能によって炎症が起きることで起こります。

つまり尿酸の結晶ができるかできないかが問題になるのです。尿酸値が高くても低くても尿酸代謝に異常があり、それによって結晶ができれば痛風になる可能性はあります

高尿酸血症はほとんど男性に多く、女性の場合は更年期を過ぎた人にちらほら増えてくるようになります。これは女性ホルモンのエストロゲンが関係していると言われています。

低尿酸血症の場合、男性はとても少なく女性が多く200~300人に1人と言われており、高尿酸血症より少ないと言えそうです。

尿酸値が例えば9.0mgある人でも結晶にならない場合は高尿酸血症という診断になりますが、痛風は起こりません。

逆に2.0mgしかない人でも低尿酸血症という診断になりますが、結晶がなければ痛風にはならないのです。どちらも尿酸結晶ができれば痛風の可能性が高くなります

このようなことがあるため、痛風の検査では単純に尿酸値の血液検査だけに止まりません

尿路結石や腎結石があるか超音波検査を行ったりして、尿酸の結晶化が起こっているかなども調べます。それによって低尿酸血症であっても



痛風の痛みなどは尿酸値が高い場合と低い場合、まったく同じ症状が起こります

しかし尿酸の高い場合と違って低い場合は合併症も少なく、一般の健康診断では特に異常が出ることもなく、痛風の発作が出て初めて尿酸値が低いと分かることがほとんどです。

尿酸値が低いと?

尿酸値が高くて困っている人にとって、尿酸値が低いなんて何ともうらやましい限りかも知れません。しかし尿酸値が低いと困ることもあるようです。低尿酸値の人は、特に女性に多い症状だと言われており、



とのこと。もちろん尿酸値が低いだけでは特に問題ない場合がほとんどです。

現実に健康検査などでも尿酸が高い人に多い合併症の肥満、コレステロール、心疾患などの問題もないため、自分が低尿酸値であることを知らないままの人も多いはずです。

しかし実は低尿酸値の人でも痛風になる可能性はあるのです。尿酸値が高くても低くても、理想的な数値で尿酸が一定に存在していないと尿酸代謝異常が起こっているわけです。尿酸値が低くても高くても



つまり尿酸値が低くても高い人と同じように痛風のリスクはあると言えそうです。ただし低尿酸値の人は高尿酸値の人ほど痛風になる人は多くないとのこと。

また急性腎不全やとても重い合併症などが発症して、初めて低尿酸血症と発見されることも多いようです。

逆に痛風などになった場合は尿酸が低いことが原因だということも判明しますが、そうでもない限り気づかずに過ごしてしまいます

また激しい運動をした後に腰や背中などの痛み、嘔吐、腹痛、血尿などによって低尿酸値であり腎臓に重い疾患が発見されることもあります。

その場合は腎機能の改善が手遅れとなり、透析が必要になることもあるとのこと。しかしこれは本当にまれなことで、低尿酸だけで起こることではないようです。


尿酸値が低いときの合併症としては、運動後急性腎不全などがあります。また尿路結石も意外と多い症状の1つと言われており、そうなると痛風の可能性も捨てきれなくなることに。

しかし尿路結石などが起こって初めて、その要因が低尿酸値だと分かることがほとんどです。

また風邪のときに抗炎症薬のNSAIDなどを摂取すると、運動後急性腎不全になりやすいと言われいます。

尿酸値が低い原因は何?

尿酸値は高いことで高尿酸血症や痛風と診断されますが、逆に尿酸値が低い場合は低尿酸血症の可能性があると言われて

います。尿酸値は高いと良くないというイメージがありますが、低ければ低いほどいいわけでもないのです。

尿酸値の基準値は成人男性4.0~6.5mg、成人女性3.0~5.0mgです。そして基準値より高い7.0mgを超えると高尿酸血症と診断され、2.0mg以下になると低尿酸血症と診断されます。

また低尿酸血症の人のほとんどが腎性低尿酸血症で、腎臓で必要以上に多くの尿酸を排出し、それによって高尿酸血症とは逆の代謝異常が起こっているわけです。

尿酸は必要ないものと思われているようですが、実は一定の尿酸は健康維持のためにとても大切なものです。

そして腎臓から多くの尿酸が排泄されると、尿酸が結晶になりやすく尿酸結石ができて尿路結石を引き起こします。つまり尿酸が多くても少なくても、結石ができるリスクが高まると言えるのです。

尿酸値が低い原因としては、遺伝などの先天性低尿酸血症の人も結構いるとのこと。低尿酸血症の人は



ようです。そして内臓にトラブルがあったり、薬の服用による副作用が考えられる場合意外は少々低くても心配ないとも言われています。

極端に尿酸値が低いときには腎臓にトラブルによって大量に排泄されてしまうことが考えられるため、早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

高尿酸血症や痛風はほとんど男性が多いと言われていますが、逆に低尿酸血症の場合は女性の方が多いため、女性の基準値は低めに設定されています。

低尿酸血症の人は200~300人に1人いると言われていますが、特に激しい運動をしたときに腎機能が低下し、急性腎不全や尿路結石が起こるリスクが高いとのこと。そのため



ようです。そしてあまり無理のない運動をおすすめします。また運動の後に腹痛や腰痛、背中の痛みなどがあり、その上尿が赤くなったら病院に相談すべきでしょう。放っておくと腎機能の回復ができなくなってしまうことも。


尿酸値とは何か?

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)