尿酸値が高いとどうなるのか?

尿酸値が高いと高尿酸血症ということになります。それによって痛風の発作が起こることもしばしば。しかし痛風の発作は必ず起こるものではなく、起こらない人もたくさんいます

そして痛風の発作が起こったときにはとても辛いと言われており、一度出てしまうと薬で改善することが無いことも多く、できるだけ予防をしたいものです。また尿路結石などが突然起こることもあります。

しかし痛風は死ぬほど痛みがあっても死ぬことはまずないでしょう。しかし高尿酸血症になると



糖尿病、高血圧、血栓、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、脳溢血、心臓発作など突然起こる、とても恐い病気が合併症にはたくさんあります。

そしてこれらの疾患によって命を落とすことも十分考えられるのです。

そういう意味では本当に痛い痛風になって、早く食生活や生活リズムなどを見直すことの方が幸せです。痛風の恐ろしいほどの痛みも体からの緊急サインなのかも知れません

しかし実際に高尿酸血症の人の1割程度しか痛風になる人はいないのです。つまりそんな



なのです。

だからこそ自分の食生活、運動、生活リズムなどを見直すのは、健康と思えているときからが大切なのではないでしょうか。

しかし健康と思えているときには、自分の生活を見直すことなどなかなかできそうもありません。

そこで健康診断などでコレステロールが高かったり、血圧が高いなどの異常があったら、すぐにでも改善するようにしましょう

それによって逆に高尿酸血症の予防になり、痛風の痛みも体験せずに済むということもつながります。

尿酸値も3.0mg/dl~6.5mg/dlと幅がありますが、6.5mg/dlギリギリをセーフと考えないことも大切です。

ギリギリというのは数次的なことであり、できるだけ3.0mg/dlに近い状態になるための努力が大切です。

このような意識があれば、合併症にもならずに健康を保つことができるのではないでしょうか。

 

尿酸値が高いときの症状について

尿酸値が高くなるとほとんどの人は高尿酸血症という疾患になりますが、それによって痛風という病気が起こり、痛風の発作も起こります。

それによってひどい激痛が起こり、男でも泣くほどの痛みとも言われています。しかしこの痛みがくることで、命が救われる人が多いのも事実なのです。

高尿酸血症の場合の10%が痛風になり発作が起こります。逆に残りの90%は隠れ痛風とも言われていて、特に発作が起こらないのです。

つまり高尿酸血症でも、まったく症状がないということになります。そのため



ため、もっと恐ろしい症状が出てくる可能性もあるのです。

それが高血圧、糖尿病、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの重大疾病ということになります。これらの疾患はほとんど高尿酸血症の人に合併して起こることが多いとのこと。

そのため痛風発作がある人は、これらが合併していることが早く知ることができ、それによって予防したり、改善することができるのです。

尿酸はプリン体によって作られます。そしてプリン体の20%が食事から摂り、80%は体内で合成されると言われています。

プリン体は体の細胞分裂や再生によって古い細胞が死んいく時に、遺伝子を構成していたプリ体だけが残ってしまうというものです。通常はそれが自然に分解されて尿によって排出されます。

プリン体が多い原因の20%の部分だけが食品からの摂取となっています。しかし高尿酸血症でない人でも正常なプリン体が100%として20%が食品から摂取する部分となっているはずです。

正しい食事をしていれば、この20%をそんなに超える日が続くことはないはずなのです。

つまり20%のプリン体を超える食品からの摂取自体、健康的な食事をしていないと言えるのです。それによって生活習慣病も呼び起こすことになるリスクがあるのです。

つまり高尿酸血症や痛風の傾向がある人は食生活を見直してみることが重要だと言えるのではないでしょうか

尿酸値が高い原因が毎日の食事の習慣にもあった

尿酸値が高い原因が毎日の食事の習慣にもあると言われています。食生活は意外と人それぞれパターンがあります。

好きな物も違えば、生活スタイルも違い、それぞれその人のパターンは意外とずっと続いているものです。毎日の食事の癖とも言えるかも知れませんが、実は



ということもあります。

毎日の食事には同じような食べ物が出ていませんか。そしてそれが尿酸を高めるプリン体が多いものではないでしょうか。

また毎日のようにアルコールを飲んでいませんか。休肝日もなく、暴飲暴食を1週間に1回は繰り返していませんか。

そして食事の習慣は生活習慣にもつながっています。例えば夜寝る時間が安定し、十分な睡眠を取る人は朝起きるのは早いことが多いのではないでしょうか。

朝が早いとほとんど朝食をしっかり食べるようになります。そして朝食は大体多くの人がパターン化していますがそれが365日、730日と、何年も続けることで、どんどん癖による影響が大きく出てくることになるのです。

良い生活習慣や食事の習慣は逆に健康を生むわけですが、あまり良くないことも長く続くととても良くないことになっていきます。

尿酸が高い結果起こる痛風なども高尿酸血症が10年以上続いた結果起こることだと言われています。つまり今の病気は今作られたものでないものが多いのです。そのため



しかし習慣になっていることを見直すほど苦痛はないのです。慣れているということは、それがとても心地よくなっているので、それをわざわざ変えるのはとても苦しいことになります。

まるで右利きの人に左でお箸を持てと言っているようなものです。

しかし、それでも負けてしまえば生活習慣病も発症し、結局命にかかわる大変な疾患にもなるわけです。そのようなことにならないため、毎日に食事の習慣を考え直すことが大切なのです

特に尿酸の数値が高い傾向にあったときには、要注意と考えて変える努力が必要です。しかしきちんと見直すことで、さまざまな病気の予防になるのです。

尿酸値が高い人の食事のポイント

尿酸値が高い人の食事は基本的にはプリン体が低いものを摂取することです。特に痛風の痛みを味わってしまった人は、二度とあの痛みを味わいたくない気持ちから、必死でプリン体を減らすように考えるはずです。

しかしプリン体のことを気にした食事は大切ですが、実は合併症でもある生活習慣病の恐ろしい疾病にとって良くないものがたくさんあるのです。

つまり意識がプリン体だけに行ってしまうと、合併症がひどくなるということにもなります。そのためプリン体が低いものだけでなく、脂質の低いもの+糖質の低いものを意識することが重要です。

例えば糖質ゼロ、プリン体ゼロというお酒があるとしましょう。これはどちらにとっても嬉しいお酒ということになりそうです。

しかしそれなら安心して、がぶ飲みできるのでしょうか。実はアルコールという問題がまだ残っているのです。

糖質とプリン体の問題がクリアされてもアルコールがノンアルコールでない限り、アルコールの分解にかかわることから痛風にも生活習慣病にも悪い影響があるのです。

このようにいろいろな面から考えて食生活を変えていく必要があるのです。例えば鶏卵はプリン体ゼロなので、痛風の人も安心してつい毎日摂取してしまいそうです。

しかし生活習慣病にとって鶏卵の毎日の摂取はおすすめできません。コレステロールが多い人などはせいぜい2日か3日に1個と言われているからです。

また魚の中でもイクラは特にプリン体が少ないものです。しかし高コレステロール、高カロリーのイクラは生活習慣病にとっては避けたいものの一つと言えるほどです。

またお酒でも焼酎などはプリン体ゼロです。焼酎なら安心して飲めるのでしょうか。このように



だということになります。

そこで尿酸値が高い人は肉や魚を全体に量を減らし、野菜をたくさん摂ることが重要です。また海藻、きのこなども食物繊維やミネラルも豊富なので意識的に摂りましょう

また絶対の食生活も和食傾向に変え、プリン体の多くないものの中でも量は多く摂らず、脂肪分や糖分は低めに押えるようにしましょう。

尿酸値が高い原因にストレスもあった

尿酸値は食生活が大きく影響していると言われており、特に尿酸値が高い場合は食生活や生活全般も見直さなければならないとも言われています。

しかしそれだけでなく、現代人には特に多いと言われているストレスを抱えることが影響しているとも言われているようです。

ストレスによって自律神経のバランスが乱れてしまいます。それによって体のさまざまなホルモン分泌もバランスを崩し、いろいろなところに影響が出てしますのです。

特に尿酸値を高めることに関係が深いホルモン



と言われています。

アドレナリンはストレスホルモンの一種で、アドレナリンの無理な分泌と高尿酸血症が関係しているとのこと。

ストレスを感じると、幸せ感の強い高揚感を感じようとアドレナリンが異常に分泌することになります。

またストレスを解消するために、わたしたちはお酒を飲んだり食事をしてアドレナリンが増えたときの状態に近い状態を作り上げようとします

つまりストレス解消したいときには、幸せ感があり気持ちが高揚し、心拍数が高まることをしようとするのです。

それが暴飲暴食になってしまうと当然高尿酸血症にも悪影響が出るということになります。

しかしこのメカニズムを利用して、



のです。例えば自分の好きな音楽を聞いたり、趣味の時間をつくり好きなことに没頭する。これらはどれもアドレナリンが適度に出てストレス解消になります。

またゆっくり自分の好きなアロマなどを1滴入れてアロマ風呂でゆっくりするのもおすすめです。

もちろん友達などと話しをするのもストレス解消になります。しかしこの場合は相手を選ばないと、逆にストレスが溜まることもあるので注意しましょう。このように



です。しかしストレスの原因は自分でどうすることもできません。だからこそストレスを解消することが重要になるのではないでしょうか。

仕事を頑張る人の方が高尿酸血症になりやすいと言われるのもこの辺に理由があったのです。

尿酸値が高い原因には運動不足も関係するか?

尿酸値が高い人は食生活の改善だけではく、



その中には睡眠や運動なども関係してくるようです。特に運動はどのようなかかわりがあるのでしょう。尿酸値が高いという人には毎日の適度な運動が必要だと言われています。

例えば逆に過激な運動をし過ぎた場合は、体を酷使するために体内の老廃物である尿酸が増えると言われています。

また運動によって激しい汗をかくと脱水症状になります。それによって血液が濃くなり尿酸の濃度も高くなるということもあるようです。

また筋肉疲労も起こりますがそれにより乳酸も大量に発生し、尿酸の腎臓からの排出を抑制してしまいます。そのため



とのことです。


そこで尿酸値が高い人の場合は有酸素運動で、適度な運動が一番と言われています。そして毎日少しでも続けることも重要だと言われているのです。そこで特にウオーキングなどはおすすめです。

毎日脂肪燃焼が15分程度から始るので、できれば最低でも20分のウオーキングをするようにしましょう。また必ず水分補給をしっかり行い、尿を濃くしないようにすることも注意します。

ちなみに低尿酸血症の人は運動の後に腎不全などを起こすことがあるので、運動前に水分、ビタミンC、ビタミンE、アロプリノールの投与などで予防することになります。

高尿酸血症の人は運動前より後にしっかり水分を摂ることと、激しい運動をしないことです。

そして運動の後に乳酸が出ないように、ストレッチなどで呼吸を整え、筋肉を伸ばすようにしましょう。つまり



そして運動には無酸素運動と有酸素運動がありますが、できるだけ無酸素運動を避けて有酸素運動をするようにしましょう。

無酸素運動は筋トレなどがありますが、筋肉はウオーキングやストレッチなどで自然に付ける程度で十分です。逆に尿酸が高くなる可能性もあるので筋トレは注意した方がいいでしょう。

子どもの尿酸値が高い原因と症状について

子どもでも尿酸値が高い場合があります。大人であれば高尿酸血症と判断されるような数値の場合もあるのです。

そして大人の場合はそれによって、合併症や痛風などが起こると言われていますが、子どもの場合はどうなのでしょう。まず子どもの尿酸値が高い原因は遺伝的なものと考えられています。

しかし大人のように痛風などの症状は起こらないとのこと。まず大人の場合、尿酸の数値がずっと高い状態を高尿酸血症と言いますが、それによって痛風の発作が出ることもあるわけです。

しかし実際には痛風になるまでに、つまり尿酸の血症が剥がれるほどの大きさになるまで10年、15年とかかると言われています。それこそ3年、4年でできるものではないのです。


ただ、高尿酸血症の疑いがあるよと医師に言われた大人にとっては、そこから3年、4年で痛風が起こることもあります。しかし



つまり小さい子どもの尿酸値が高くても痛風になる尿酸の結晶など、まだまだできないのであり得ないということになります。

ただし、可能性としては子どもという範囲を15歳以上の高校生まで広げて考えると、あり得るということも言えるのです。

そのために予防のため薬での治療が行われることもあり、そのため痛風にはならないで済む場合もあります。しかし可能性としはあり得るということです。

最近は学校でも血液検査によって尿酸値も調べるため、昔と違って子どものうちから尿酸値が高いという子どもが目立つようになりました。昔はそのような子どもがいなかったのではなく、検査をしなかっただけということになります。

尿酸値が高い人は高吸収体質なので、食べすぎに注意しないと肥満になりやすいとも言えるのです。しかし考えようによっては、少ないエネルギーで強い力が出せるという体質でもあるわけですね。

病気ではなく、体質というふうに考えて、そこから悪い状態にならないことを考えることが重要ではないでしょうか。


尿酸値とは何か?

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)