尿酸値を下げる飲み物とは

高尿酸血症や痛風の人にとって、尿酸値を下げることはとても重要です。食べ物だけでなく飲み物にも尿酸値を上げるものや下げるものがあるはず

特に尿酸値を下げる飲みものがあれば、是非知っておくと便利ではないでしょうか。



ことから始めましょう。例えば緑茶やコーヒー、紅茶を多く飲む人は1日1~2杯に抑え、あとはウーロン茶や麦茶、水に替えることをおすすめします。

飲み物はできるだけノンカフェインで糖分のないものを選ぶようにしましょう。

ただし水分が不足すると一気に尿酸値が上がるので、水分はできるだけ摂るようにします。特に痛風の場合、できれば水が良いとのこと。

アルカリイオン水は利尿作用も高く尿量も増えるのでおすすめです。ただしスポーツドリンクはあまりおすすめできません。

また痛風にはクエン酸が良いため、水にレモンの絞り汁を数滴垂らして飲んだり、黒酢などを薄く割って飲むのもおすすめです。

水だけよりレモンを数滴入れるとさっぱりして、さわやかな香りのレモンウオーターになり、食事のときでもおいしく飲めるのではないでしょうか。

他にダイエットも考えている人は、グレープフルーツを絞って入れるのもおすすめです。

グレープフルーツの香りは食欲を抑える効果があるため、良い香りでありながら食欲が抑制できます。もちろんフルーツとしてグレープフルーツを食べてもOKです。

またバレンシアオレンジが好きなら、バレンシアオレンジの絞り汁を入れるなど好きな香りを使いましょう。

特に柑橘類はクエン酸もたっぷり摂れるのでおすすめです。他に梅干しを少し水に入れても夏などはサッパリ飲むことができます。

しかし外出するときにはレモンやグレープフルーツより、黒酢などの方が持って歩くのに便利かも知れませんね。また痛風の場合は



なので、味に飽きたら他のものを入れるなど臨機応変に考えて、上手にたっぷり水分補給ができるように工夫してみましょう。

尿酸値を下げる飲み物について

尿酸値を下げることは高尿酸血症の予防や改善には欠かせないことです。そこで最近はプリン体の少ない食品が注目されていますが、飲み物はうっかり意識するのを忘れがちになります。

そこで尿酸値を下げる飲み物や、尿酸値を上げる心配のない飲み物を考えてみましょう。

特に飲み物は尿酸値が高い人は多く摂取すべきと言われています。そのため尿酸値に影響のない飲み物を摂取するようにしましょう。

まず水は特に尿酸値を上げるものではなく、逆に血液中の尿酸を薄めるので尿酸値を下げる飲み物です。1日2リットル近く飲むといいと言われています。

またお水より尿酸値を下げる効果が期待出来ると言われているお茶があります。

例えばトウモロコシ茶、アマチャズル茶、オオバコ茶、ナズナ茶、クワの葉茶、たんぽぽ茶、ルイボステーなどがおすすめです。

特にたんぽぽ茶は西洋たんぽぽから作った健康茶で、新陳代謝向上の効果がありカフェインが入っていないので安心していくらでも飲めます。

またコーヒーが尿酸値を下げると言われていますが、臨床実験から毎日6杯以上コーヒーを飲む人は飲まない人に比べ、約43%も尿酸値が高くなるリスクが減ることが分かったのです。

ではそのメカニズムはというと、その研究はまだまだはっきりした効果が出ていません。

もちろんコーヒーの利尿作用が、このような効果をもたらしているとも考えられていますが、特にコーヒーに高い効果がある理由解明は今後進むのではないでしょうか

もう一つ尿酸値を上げない飲み物ということで、お酒についても触れておきましょう。今はプリン体がゼロのビールなども出ており、安心して飲めると思っている人もいるのではないでしょうか。

また焼酎など、始めからプリン体ゼロなので尿酸を上げないお酒と考えている人もいるはずです。

しかし実際にはプリン体の問題だけでなく、アルコール自体が肝臓で分解されるときに尿酸が作られてしまいます

またもう一つ、アルコールの分解途中で乳酸が産生され、この乳酸が体内に尿酸を蓄積させてしまうという2つの理由があるのです。

そのためお酒自体にプリン体が含まれている部分だけクリアしていても、尿酸を上げないことにはならないのです。


尿酸値とは何か?

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)