飲酒OK、食事制限なしの痛風改善法

痛風の常識としてプリン体を避けるという事が広く知られています。ビールはもちろん、プリン体に絡む厳しい食事制限。美味しいお酒、美味しい食事を奪われ苦痛な痛風対策をしている人がほとんどだと思います。

しかし、今は飲酒OK、食事制限もほとんど無しという改善方法も広まりつつあります。痛風という病気も徐々に解明されてきており、プリン体というものも以前ほど悪者扱いされていない流れになってきています。

また、そういった書籍なども多く目にするようになりました。今までは我慢、我慢の対策だった痛風がお酒を我慢しなくていい方法が積極的に取り入れられるようになりました。医者によってはまだまだ昔ながらの指導も少なくないですが痛風の天敵とも言われるストレスのない改善方法を取り入れているところも少なくありません。

なにより大事な事は痛風という病気に対して正しい知識を持つことが一番効率の良い、無理のない改善方法に歩んで行けると思います。その為には専門中の専門家の正しい認識を知っておく必要があります。

納光弘先生の痛風改善法

国立大学病院の院長、財団法人慈愛会の会長などの肩書を持つ納光弘先生による痛風改善方法はビールを飲んでも治る。我慢しなくてもよい治療法を推奨している一人です。著書もいくつかあり書店で見たことがある人もいるかもしれません。

常識を覆す撃退法は納先生が蓄えたデータ、実験結果も元となっています。その結果が禁酒、食事制限をしなくても痛風が改善するという結論に基づいているのです。根拠も無く、甘い。治療法を伝えている訳では無いのです。

実際に今は外から摂取するプリン体よりも体の中で作られるプリン体のほうがはるかにウエイトを占めているとされています。そんな中、外からのプリン体だけに目を向ける今までの治療法に疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

プリン体の制限だけしても尿酸値はあまり下がらない事は分かっています。納先生はむしろ、少量のアルコールは痛風に良いとすら提唱しています。そして食事メニューにかんしてもあまり神経質にならなくても大丈夫ということも伝えています。

大切なことは

1、肥満に注意すること(食べ過ぎなど)
2、水分を多めに取ること
3、ストレスに注意すること

この3点が非常に重要と言われています。

その辺りの事が詳しく説明しながら改善方法が記載されているノウハウが「飲酒OK、食事制限なしの痛風改善法」です。

痛風改善法の内容

飲酒OK、食事制限なしの痛風改善法の内容ですが具体的な飲酒、食事方法以外にも多数のコンテンツが収録されています。どれくらいならお酒を飲んでも大丈夫なのか?食べすぎ注意って、どれくらいの量ならいいのか?ストレス注意って具体的に?そんな曖昧ではないしっかりとした目安も理解することが出来ます


ビールよりも焼酎のほうが良い?

焼酎にはプリン体が含まれていませんから痛風に影響しないと思われがちですが、それは間違っています。この認識を間違ったまま飲酒を続けると重大な合併症を引き起こしますから、
必ずアルコールの適正量を知っておいて下さい。アルコールに置いて、プリン体が含まれている、含まれていないの分類はあまり役に立ちません。それよりも重要な事があります。

いつまで治療を続ければいいのか?5つの判断基準

痛みが引いたから治療をやめる…。というのは問題外です。痛みが出ないとついつい好き勝手に生活してしまいがちですが、治った、改善したと言える判断基準を5つご紹介します。

突然痛風の激痛に襲われた時の対処法

夜中で病院がやってない、近くに病院がないなど、すぐに受診が出来ず薬を処方してもらえない場合に役立つ緊急の対処法です。

ストレスと痛風の関係

なぜプリン体を気にするよりストレスに気を付けなければいけないのか?この明確な理由をお伝えしします。痛風ではストレスより、物質的(プリン体など)なものをコントロールしたがる方が多いですが、それだけでは良い結果が出ません。

薬、サプリメントが尿酸値を上げる…

現在、他の病気で薬を飲んでいる方、サプリメントを服用している方は是非知っておいて頂きたい内容です。良かれと思って続けていた事が、実は尿酸値を上げる原因になっていた。なんて事にならないように…。

自分で判断出来る、尿酸値の判断基準

痛風の発作が出ないからといって油断してはいけません。尿酸値が高い状態が続いていると、腎臓障害を引き起こします。薬物治療が必須状態なのか、自宅で生活習慣を気を付ければいいレベルなのか、判断出来る基準をご紹介します。

楽しみながら自分の体調を管理する方法

治療と言うと辛く厳しいイメージですが、ちょっと工夫すると楽しく自分の生活習慣を管理する事が出来ます。その為の方法をご紹介します。

食べ物に含まれているプリン体よりも注意しなければいけない事とは?

食事療法をすると、プリン体ばかり気にする方が多いですが、それだけでは良い結果が出ません。なぜプリン体だけを気してもダメなのか、何に気を付ける必要があるのか?きちんとした理由をお伝えします。

その痛み、本当に痛風ですか?

痛風と間違えやすい病気は多く存在しています。当然、症状により対処法が違いますから、きちんと判断出来るように痛風と似た症状は是非覚えておきましょう。

尿酸値を下げる運動、上げる運動の違い

適度な運動が必要…とはよく言われる事ですが、一歩間違えると、尿酸値が上がってしまう事もあります。尿酸値を下げる適切な運動をご紹介します。

痛風は遺伝する??

遺伝を気になさる方が多いですが、ご存知の方はほとんどいらっしゃらないでしょう。実際の所、遺伝は痛風に影響しているのか?その疑問を解消します。

水分はどれぐらい取るべきか?

水分が不足すると尿の量が減り尿酸濃度が高くなってしまいますし、結石も出来やすくなりますので水分を取る事が重要になります。では一体1日にどれぐらいの量水分を取ればいいのか?適正量をお伝えします。

旅行に出かける場合の注意事項

国内、海外問わず旅行に出かける方は多いと思います。いつもと違う環境で急に発作が出た日には旅行も台無しです。旅先ではどんな事に気を付ければいいのか?発作が出たらどう対処したらいいのか?困ってからでは遅い旅行での注意事項をお伝えします。

引っ越し、転勤など、環境が変わる場合の注意事項

生活環境が変わるとストレスも必要以上にかかりますし、通院してる場合は病院を変える必要も出てきます。スムーズに新生活を送れるように注意しておくべき事をお伝えします。

痛風はなぜ男性に多いのか?

痛風の男女割合では、女性が1.5パーセント、あとの98パーセント以上は男性です。なぜこんなにも偏っているのか、その理由をお伝えします。

肥満になりにくい食事の取り方とは?

プリン体を必要以上に気にする必要はありませんが、肥満は痛風のみならず良い影響を与えません。3つのポイントを抑える事で簡単に肥満にならない食事の取り方が出来るようになります。

尿のPH値を測るには?

自分で測れるの?と思われがちですが実は、いとも簡単に測ることができます。必ずしも測る必要はありませんが、回復の経過や、体調を測る目安として、自分でPH値を測れる方法を知っておくと治療に励みが出ます。

一部ですがこれだけでも分かれば痛風に対して過酷な制限などせずとも効率よく改善させることが出来、普段の生活に近く無理なく改善目的へ向かえれるはずです。

過酷な制限はもうやめる

過酷な制限はストレスがたまり悪い影響を与えます。それどころか人生の楽しみまでかなり奪われます。痛風という病気を正しく理解していないばかりに必要以上の制限を強いられてしまうのはやはり避けたいところです。

しかし、気にかけなければあの辛すぎる痛風発作がいつ襲ってくるかもわかりません。そんな状況も痛風を正しく知らないから起こるのだと思います。ビールも飲んでもいい。これも食べても構わない。そんな本当のところの対策を少しでも早く正しく知ることが重要だと強く思います。

過酷な制限では無く自然に近い形で対策するからこそ長く続けられる。知っているからこそ正体不明の発作不安も減る。気楽な気持ちで対策することも正しい知識があってこそです。病院でも薬はもらえますが重要な役割を担うのが負担の生活の見直しです。

正しい見直し方をすれば辛い事は無くなります。少しでも早くそんな治療法で痛風と向き合うべきだと思います

飲酒OK、食事制限なしの痛風改善法公式サイト

 

食事療法不要の痛風治療法。

痛風治療のベストセラー作家が明かす、

食事療法、飲酒制限不要の痛風改善法

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)