痛風の薬物治療


痛風の治療方法にもいろいろな方法がありますが、やはりもっともポピュラーなのが、「薬物治療」ということになるでしょう。「薬物治療」というと、何かずいぶんたいそうなことをしでかすイメージがありますが、これはいわゆる「投薬治療」のことであり、どんな病気であってもたいていの場合行うもっとも一般的な治療方法のひとつであることは間違いありません。

痛風の投薬治療というと、やはり「尿酸値を低下させる、あるいはコントロールする」というアプローチが普通です。もちろん、発作が出たときには尿酸値がどうのこうのと言っている前に、とにかく痛みを緩和させることが必要なわけですから、このタイミングでの薬物治療となると、これは当然「痛み止め」だとか「鎮痛剤」ということになるでしょう。もちろん、同時に尿酸をコントロールするための薬物治療もすぐさまスタートすべきです

なぜなら、本格的な痛風の発作に関しては、ちょっとやそっとの鎮痛剤を服用したところで、

簡単には鎮痛効果を実感できない

からです。まずは尿酸値を少しでも低下させ、それによって痛みを軽減することが理想と言えば理想です。


尿酸値を下げる市販の薬について


尿酸値を下げる薬には尿酸産生抑制薬尿酸排泄促進薬があります。つまり尿酸が溜まる原因を考えると、プリン体の過剰摂取や体内の尿酸過剰産生、そしてもう一つは排出しきれないということになります。そのため尿酸の産生を抑える薬と、尿酸が尿に排泄されるための薬が必要になるのです。

尿酸値が高い期間が続くと高尿酸血症となります。その場合、痛風だけでなく合併症にはさまざまな病気があるため、尿酸値を下げる治療を行うようになります。そのため医師はどこに原因があるか調べ、これらの薬を処方します。これらの薬は一生続けるようになるとも言われ、経過が良ければ少しでも減らしていくようにするとのこと。

そのため医師の指示を必要とする薬のため、市販では売られていません。市販で売られている薬で間違えやすいのは痛風に効くという薬です。しかしこれも痛風の痛みを止めたり抑える鎮痛剤のことであって、痛風改善に効果があるものではなく、当然尿酸値を下げる薬ではありません。病院でも処方されますが、初期の痛風なら市販の痛み止めでもOKですが、今の状態を知って今後の治療をするためには病院での診察が大切になります。

それでは尿酸値を下げるもので市販のものというと、尿酸を増やす体質改善効果や尿排泄がしっかりできる体質のためのサプリなどがあります。特にアルカリ性食品を摂ることで尿酸が尿に溶けやすくなり、結果として尿酸値を下げることにつながります

尿が酸性に偏っていると、尿酸が尿に溶けにくいため排泄しにくくなります。これも尿酸値を高める原因となります。そのため尿をアルカリ性にするためにアルカリ性食品を摂ったり、クエン酸や黒酢サプリなどを摂取することも。また尿酸値を下げるための漢方薬なども市販で購入できます。

このように体質改善のためのサプリなどは市販で購入できます。ただしサプリや漢方薬も確かに改善のサポートになりますが、生活習慣を考えないとまったく意味のないものになってしまうので注意しましょう。

痛風治療薬の飲み合わせについて


どんな薬でもそうですが、いわゆる「禁忌」とされる事項をしっかりとチェックしてから服用することが大切です。まあ当たり前のことだと言われればそれまでなのですが、しかし、「飲みなれた薬」ほどそういったタブーを犯してしまうことが多くなるということが考えられます。

そして、薬にまつわるタブーで最も多いのが、

「飲み合わせ」に関するタブー

ではないでしょうか。また、今回お話するのは、タイトルにもあるように、「痛風治療薬」であるということで、これはかなり投薬治療が長期化することになるはずですので、飲み合わせに関する注意事項をここでもう一度しっかりとチェックしたいと思います。

ここでは、高尿酸結晶に効果が高いとされる「ザイロリック(アロプリノール)」について考えていきます。ただし、ザイロリックの薬理について詳細に分析することよりも、ここはある程度「あの薬には注意しなければ・・・」というスタンスで、身に覚えのある既往がある場合はしっかりと対処してください。

では、ザイロリック(アロプリノール)の飲み合わせのうち、禁忌される薬品の名前をここで挙げていきたいとおもいます。ザイロリックを服用している痛風患者さんは、よくチェックするようにしてください。いろいろありますが、重要事項なので、ここで以下に挙げていきたいと思います。

白血病治療薬の「メルカプトプリン(ロイケリン)
免疫抑制剤の「アザチオプリン(イムラン)
ぜんそく治療薬の「テオフィリン(テオドール)
抗凝血薬の「ワルファリン(ワーファリン)
免疫抑制剤の「シクロスポリン(サンディミュン、ネオーラル)
抗けいれん薬の「フェニトイン(アレビアチン、ビダントール)
エイズ治療薬の「ジダノシン(ヴァイデックス)」など

が、その代表的な飲み合わせの悪さということになります。



また、腎疾患があるという患者さんは、上記の飲み合わせとは無関係に、事前にしっかいとお医者さんと相談を重ねて服用するようにしてください。

そして、肝疾患がある人も、肝臓を定期的に検査する必要がありますので、そのあたりのセルフケアはしっかりと行い、それぞれの薬を服用するようこころがけてください。

まあこれもザイロリックに限らずあらゆる薬に対していえることだと思いますが、薬服用中にはできるだけ飲酒を控えるようにしてください。飲酒によって薬効が低くなる可能性が高まります。

痛風の治療薬ユリノームを使うタイミング


痛風の場合、発作急性期と寛解期での薬は違ってきます。発作急性期には消炎鎮痛剤と食生活の改善を主に行います。以前はこの時期に痛風の鎮痛効果の高いコルヒチンが使われてきました

しかし発作が出てくるようになり炎症が進むとコルヒチンはあまり効果が出ないことが判明。そして発作時期から寛解期に入ってから

「ユリノーム」を摂取する方が、効果が高い

ことが分かってきたのです。

また逆に痛風の前兆のチクチクした痛みや腫れなどの状態のときに、このコルヒチンの早期治療を行うと効果が高いということも分かったのです。発作期の入る前にコルヒチンを使用している場合は発作期にも使い続けます。

しかし痛風の

前兆のうちに病院に検査に来る人はなかなかいない

ので、前兆のときのコルヒチン治療はタイミング的になかなか難しいとも言われています。そこで寛解期になるまで強い鎮痛剤でしのぎ、ユリノームなどを使用するようにします。

他にも尿酸ができること自体を抑えるザイロリックなどが処方されることになります。ユリノームは尿酸を排出する効果がとても高いと言われており、尿酸のコントロールを行うようにしていくのです。

痛風の痛みを抑える薬・ロキソニンについて


痛風の痛みが強くなる痛風発作が起こったら、とにかく痛み止めを摂取するしかありません。ただし、痛風だから鎮痛剤を勝手に飲んで、抑えていれば良いということではありません

病院にかかると鎮痛剤で痛風発作を抑え、発作期を過ぎた頃から本格的に尿酸を排出しやすくなる薬や、尿酸の生成を抑制する薬などで治療をしていきます。そのタイミングも自分では分からないので、病院にかかっておくことが大切になります。

しかし本格的な治療に入るまでは食事制限と、発作止めで過ごすことになるわけですが、そのときにロキソニンが使われることが多いようです。

ロキソニンは数年前から市販でも購入することができるようになりました。しかしロキソニンでも効果が薄い状態になったときにはボルタレンが処方されます。ボルタレンは医師の処方のみの購入となります。

しかし発作期間に大量に飲むため、腎機能の低下などが起こることもあります。もともと腎機能が低い人や影響が出た人は、非ステロイド系の鎮痛剤は避けなければなりません。そうなるとステロイド系のものを使用することになります。ロキソニンもボルタレンも非ステロイド系です。

そこで、できるだけ発作が本格的になる前の、チクチク程度の時点で病院に行くことができれば、早期からコルヒチン摂取で改善効果を上げることができます。そして食事を見直す努力をしていくことで改善に向うことも。

しかし多くの場合は相当痛い発作が起こってから病院に行くため、とりあえず発作期のうちはずっと鎮痛剤で抑え、次の寛解期に入ってから本格的に尿酸の抑制や排出促進薬を摂取するようになります。つまり発作期は相当強い発作が来ても、

なんとか鎮痛剤で乗り切ることが必要になるのです

発作期には治療薬があまり良く効かないといわれています。そのためロキソニンやボルタレンが主に使われるのです。もちろんボルタレンより効果が低いロキソニンは副作用も多少、少ないとのこと。

痛風の痛み止めにボルタレン


痛風の発作は突然やってくるものです。そしてとても激痛だということでも知られていますが、そんなときには痛み止めが必要になることもあります。あまりの痛みに足を引きずりながら病院に行ったなんて人もいるようです。そこで痛み止めを処方してもらうわけですが、病院によってロキソニンの処方もあり、ボルタレンより処方されることが多いようです。

ロキソニンとボルタレンの違いは効果にあるようで、ロキソニンよりボルタレンの方が効果が高いと言えそうです。ただし強い鎮痛剤がいいということではなく、必要でなければできるだけ弱い方が副作用も少ないわけですから、ロキソニンからスタートすべきではないでしょうか。

またボルタレンは座薬が多く、ロキソニンは錠剤が多いと言われています。またどちらも非ステロイド系鎮痛剤として分類されています。どちらにしても鎮痛剤はとても痛くてたまらないときに使う薬です。長期使うものではなく、睡眠薬と一緒に飲むと効果が弱っていきます。

ロキソニンやボルタレンの

副作用は胃を荒らす

ことですが、病院ではムコスタなどの胃薬を同時に処方することがほとんどです。しかし胃を荒らす程度の副作用ではなく、実は腎臓機能を低下させてしまい、これは痛風の人にとって良くないこと。それでも仕方なくロキソニンやボルタレンを飲むことになるという矛盾があるのです。

またボルタレンを飲むことで、心筋梗塞のリスクが高まるということも研究によって解明されています。心不全の人が摂取することで死亡率がずっとアップするとも言われているので、ロキソニンをできるだけ処方するのも理由があるようです。

またインフルエンザにかかった子どもがボルタレンを摂取すると、脳症になるリスクが高まります。そのため小児科では、ボルタレンは使わないようにしているところが多いようです。しかし、実はロキソニンやボルタレンより安全に使える痛み止めもあるようです。それが

アセトアミノフェン

です。

アセトアミノフェンは日本では高用量が認められず効果がいまひとつと考えられ、あまり使われなくなっていました。しかし2011年には海外と同じ高用量が認められるようになったので、最近では痛みの初期にはアセトアミノフェンを1日1g使って、患者の痛み治療を始めるようになってきました

ただし、このアセトアミノフェンは肝臓の悪い人が飲むと副作用があるというもので、肝臓疾患のある人は注意しなければなりません。結局、自分にあったものを飲むことも大切ですが、どれも副作用があるため、できるだけ飲まないようにすべきなのです。どうしても痛いときにしか飲まないこと、またできるだけ発作を起こさないように努力することも重要ではないでしょうか。

痛みを緩和していくしか無い


痛風の治療についてもう少し考えてみましょう。多くの人は痛風になったら食生活を改善するように言われますが、それに伴って発作がでたときには痛み止めの薬でそのときをしのぎます。さて食生活の改善について、昔はもっと厳しく言われていました。

しかし痛風は食事から摂られるプリン体の量でコントロールできることは20%程度と分かったのです。そのため食事療法は重要ですが、それだけでは痛風の治療にならないのです。そのために尿酸の体内生成を抑える薬や、体内から排出する薬が必要になると言われています。

しかし痛風になった場合、相当痛風の初期でないかぎりは相当強い発作が出る発作期には、治療薬は飲んでも効果がないので飲みません。つまり発作がおこったときには、発作を乗り超えるための痛み止めの薬でなんとか、この時期を過ごすことになります

痛風の治療は発作期が過ぎて、寛解期に入ってからスタートするようになるのですが、この時点でも発作が起これば痛み止めを使うことに。そして根本的な尿酸のコントロールを行う高尿酸血症の薬による治療がはじまります。もちろんこのときも食事療法として1日400mg以上のプリン体を取らないようにする努力をします。

しかしプリン体ばかり注意しても、食べる量が多ければ元のもくあみということにも。そのため食事量の多すぎる人はその面も改善が必要になります。また痛風になる人の大半が成人病の予備軍や成人病になっている人と言われていますのでプリン体だけにとらわれず、コレステロールにも注意が必要になるのです。

その上でしっかり治療薬による治療を行うことで、痛風の発作も減り次第になくなっていきます。あくまでも発作が起こったときには、

痛み止めで炎症を抑えて痛みを緩和していくしかない

のです。そのため普通の疾患とはちょっと違い、基本的な薬治療はある程度痛み止め薬を使いながら、タイミングを見計らって治療が始まります。そのため痛風においては痛み止めの薬も重要となるのです。

痛風の薬をやめると・・・


痛風という病気は、普段は健常者と同じ生活を送ることが十分可能な病気であるといえます。しかし、ぜんそくと同じく「発作」が起こってしまったらもう大変です。しかし痛風患者にとって「普段は健常者として生活できる」というのが意外と盲点になってしまうことがあります。

ごく軽い痛風患者の方は、おそらくそれほど

厳密に用量を守らない人が多い

と思います。つまり、「規定よりも少なく飲む」といった飲み方をする人が多いのではないかということです。もちろんその飲み方でコントロールできているのなら、ある意味ベストとも思われる飲み方ではあるでしょう。

しかし、たまにしか発作が起こらないと、ついつい薬をやめてしまったのと同じ状態になってしまうことも多いのです。つまり、「飲み忘れ」をしてしまうのです。

痛風は完治しない病気ですから、薬をやめることで、発作を予防することはできなくなってしまいます。そのまま気づかず放置すると、いつの日か再び激痛に襲われる可能性が非常に高いといえるでしょう。

このあたりが、痛風という病気のなんとも厄介なところです。ですから、薬を減らすこと自体は悪いことではないと思いますが、完全に薬をやめるという形になってしまうと、

またいずれ発作に襲われる時が来る

と考えるのが一般的でしょう。

痛風の薬代って、どのくらい?


病気を治す、あるいは改善するためには、日本では主に「薬」を服用することが真っ先にイメージされることでしょう。もちろん「薬」ではない「漢方薬」や「サプリメント」で治療していくという考え方も近年徐々に広まってきてはいますが、しかしやはり依然として「薬」が一般的であるということができるでしょう。

ただし、薬を服用することで完治できる病気であれば、そんなに心配する必要はありませんが、しかし、中には比較的身近な病気でありながらも完治は難しいという種類の病気もあります。その代表となるのが、生活習慣病のひとつに数えられることが多い「高尿酸血症」あるいは「痛風」です。まあ高尿酸血症や痛風に限らず、完治しないということは、

いつまでもずっと薬を服用する必要がある

ことになるわけですから、そうなってしまうと、

薬代もバカにはならない

と考える人が多いのではないでしょうか。

ただ、所定の健康保険に加入している人であれば、それほど大きな負担になるものではないといえることは間違いありません。もちろん、薬によって代金は多少異なりますし、漢方薬などの場合は、種類によって保険が適用されないケースも考えられますので一概には言えませんが、一般的に「薬」であるのなら、それほど薬代で苦しまなければならないということはありません

というのも、痛風関連の薬というのは、長期戦になることがわかっているわけですから、

薬の単価が比較的低く設定されている場合が多い

です。ただし、白血球の動きを抑制する(つまり、痛みや炎症を緩和する)ための薬に関しては、長期使用が不可能であるため、そのたぐいではありません。

たとえば、国民健康保険に加入している私は、

だいたい1か月分(30日分)で1500円程度の薬代ということになります。しかも、私の場合は、毎日服用するわけではなく、(自主的な)運動療法と組み合わせて尿酸値をコントロールしていますので、30日分がだいたい7〜8か月くらいですべて服用するくらいの非常に緩やかなペースに現状なっています

もちろん、発作が起こったときには1日2回服用し、それを1週間くらい継続しますが、そうでないときは1週間に1回(たったの1錠)という回転でやりくりしています。もちろん個人差があるでしょうし、これが参考になるかどうかは少々怪しいところもありますが、毎月1500円であれば、毎日服用したとしてもそれほど大きな負担にはならないといえるのではないかという気がします。

痛風の市販薬


従来であれば、痛風治療薬や関連の痛み止めは病院に行かなければ手に入らないということがほとんどでしたが、しかし最近は薬販売の法的緩和も手伝って、痛風関連の薬も種類によっては手に入れることができるというルールになりました。今回はそれについてお話していきたいと思います。

まずは痛み止めに関してですが、たとえばロキソニンやボルタレンなどが市販されるようになったことから、痛風でもよく用いられるこれらの痛み止めは市販されているものを手に入れることができるようになりました。ロキソニンだと多少弱めの薬なので、発作時になんとかしたいと考えるのであれば、ボルタレンのほうを常備しておくことをおすすめします。

ただし、ここでひとつ、痛み止めに関しては注意が必要になります。その注意とは、市販されている痛み止めを痛風の鎮静化のためにつかうのであれば、どんなことがあっても

「アスピリン系鎮静剤」だけは購入してはいけない

ということです。というのも、アスピリン系の痛み止めの効果というのは、血中の尿酸値をむしろ引き上げることで得られる効果ですので、痛風にはまったくの逆効果ということになってしまう可能性が高いです。

たとえば、頭痛薬としても有名な「バファリン」などは、アスピリン系の鎮静剤なので、痛風の痛み止めとして服用するのは控えるべきでしょう。また、痛み止め以外の薬剤に関しては、尿酸下降剤の代表となる「ザイロリック」が有名ですが、ザイロリックというと、ほとんどの場合、病院でもらってくることになるのではないでしょうか。

今ではジェネリック新薬をメインで出している病院も非常に多くなっています。ただ、実はザイロリックも市販されているものを手に入れることができるようになってきているのです。とはいっても、ザイロリックの場合、まだドラッグストアの店頭に並ぶというところまではいっていません。

では、病院以外のどこで手に入れるのかというと、これは「海外からの輸入製品をネットで」ということになります。もちろん自己責任で・・・という条件付きになることは間違いありませんが、医薬品専門の輸入代行業者をネット上で探すと、入手できる場合が多いです。

もちろん、バイアグラなどとちがって、「自分用」であるという前提で、違法性はありません。ただ、まあ正直言ってしまえば、そんな面倒なことをするのであれば、

近所の病院に行ったほうが安いし早い

ということになるとは思いますが、いちおう参考までにご紹介しておきます。

痛風の薬を市販購入するには


痛風になると痛風と気付かず、あまりの痛さに家にある市販の鎮痛薬を飲んでしまうこともあります。また急いで薬局で市販の痛み止めの薬を購入することもあるかも知れません。しかし痛風であった場合、飲んでいい薬と悪い薬があります。それは効果が出ないということだけでなく、痛風の強い発作の痛みをより強くすることにもなり、

とても危険な状態になることもあるのです

そこで関節が痛いと感じたらすぐに病院に行くことが一番ですが、どうしても行けないときにはとりあえず応急処置として薬局での痛み止めの薬を摂取しましょう。鎮痛薬にはアスピリン系、イブプロフェン系、ロキソニン系が市販薬として売られていますが、これらは炎症を抑え痛みを抑える成分名です。

特に痛風の痛みは相当激しいものなので、

市販薬ではなかなか効果が出ないこともあります

また前回は市販薬でなんとか乗り切ったとしても、今回はもっと強い痛みが出ることもあるので、できるだけ病院で処方される薬がおすすめです。

しかし緊急の場合、市販薬の中では病院でも処方されているロキソニンがおすすめです。ロキソニンは第一類医薬品なので薬剤師による薬局での購入となります。どうしてもロキソニンがない場合はイブプロフェン系の鎮痛剤でも使えます。

\痛風の痛みは1日〜1週間程度続くことも。ピークは2〜3日と言われていますが、鎮痛剤をある程度飲むことになるので、余計病院での処方の方が安心なのです。

ただし、副作用に腎機能の低下があるため、病院では副作用の検査などを時々行い、薬を続けて大丈夫かというところまで診てくれます。また副作用が出ていれば、違った種類の鎮痛剤に変更することも。そのため薬のことを知らない人は、特に勝手な鎮痛薬の長期摂取は避けなければなりません

痛風の薬の副作用


薬はサプリメントとは異なりますので、服用する以上は必ずと言っていいほど「副作用」があることだけはよく認識しておかなければなりません

もちろん、薬を飲んで眠くなったなどという小さなものも副作用であれば、発熱、嘔吐、下痢などといった、まるで病気のような症状が出るのも副作用です。

そして、

場合によっては生命の危険を招く可能性がある

のが副作用ですので、どんな薬であっても、用法、用量は必ず正しく守って服用してください

さて、今回はこの「副作用」についてのお話ですが、対象としたいのが、「痛風」の治療薬に関する副作用です。痛風の場合、尿酸値を下降させるための薬と、そして発作が出たときに絶対的な必要性を持つ痛み止めの2種類について考えなければならないということになります。

では、まずは痛み止めのほうから副作用についてお話していきたいと思います。痛み止めはどんな薬にも言えることですが、基本的に「胃」に副作用がおよぶ可能性が極めて高いです。そして、痛風の発作は「激痛」と表現したくらいではし足りないレベルの痛みですから、痛み止めもかなり強力なものが必要になります。

例えば、おそらく発作の際に処方される可能性が高い「ボルタレン」などは、ほとんどの場合、胃薬と一緒に処方されます。ロキソニンなども、継続して服用すると、胃の粘膜が荒れるケースが多いとされています。

もちろん、胃以外にもいろいろな副作用が考えられますが、それは薬によって違ってくるため、もっとも典型的な

「胃」への副作用はある程度「ありき」

と考えておいたほうがよいでしょう。

そして、今度は尿酸値コントロール薬についてですが、痛風で用いられるもので有名なのが、「ザイロリック」および、そのジェネリック新薬ということになるでしょうか。

実は、尿酸値を下降させる、あるいはコントロールするのに優れた薬効がある製品は他にもいろいろあるのですが、なぜこのザイロリック系の薬が痛風の典型となっているかというと、「比較的副作用が軽く、安全に利用できる」という特徴があるからです。

ザイロリック系の薬で考えられる副作用は、尿酸の結晶を溶かすことで、その溶け残った結晶の一部が神経に触れて、一時的に痛むということが考えられます。しかし、それもやがて軽減していきます。

あとは、ほんとうにごくまれに起こる副作用としては、皮膚障害、血液障害、肝障害などが挙げられます。腎疾患がある患者さんには禁忌とされることもありますので、このあたりはよくチェックしていただく必要があります。

痛風の薬の副作用について考える


痛風の痛みは、どうしても薬がなければ耐えられないと言われているほどです。そして鎮痛剤も多めに長期間飲むことにもなる場合もあり、副作用が気になるところです。他にも尿酸の体内生成を抑制する薬や、たまった尿酸の排出を促す薬なども使うことになりますが、それらの副作用はどうなのでしょう。その辺をもう少し詳しく考えてみましょう。

まず尿酸の排出を促す薬の代表薬である、ユリノームの副作用もあります。胃の不快感、胃腸障害、発疹、下痢、食欲不振、倦怠感、黄疸などが起こる可能性があると言われており、また

ひどくなると重篤な肝機能障害が起こる

とのこと。

また尿酸の体内生成を抑制するザイロリックの副作用皮膚障害、血液生涯や肝障害が起こることがあると言われています。もともと腎臓病や腎機能に問題のある人は飲めません。摂取してから発疹、発熱、のどの痛みなどが出たときには、今後強い副作用が起こる前兆の可能性があるので注意しましょう。アレルギーのある人や妊婦は使えません。

痛風の薬というと治療薬の他に鎮痛剤も必要不可欠です。特にロキソニンやボルタレンはよく使われるものですが、これらの副作用はどんなものなのでしょう。まずロキソニンは市販でも購入できる鎮痛剤ですが、副作用としては吐き気や嘔吐、消化性潰瘍や胃腸出血などの可能性があります

また腎機能低下、肝機能低下、血液生涯、白血球減少、アナフィラキシーに似た症状などが考えられるとのこと。しかし痛いときだけ飲む程度なら重度の副作用はあまり考えられないそうです。とはいっても痛風の場合は一般より多めに飲むことになるので注意は必要になります。とりあえず胃薬と一緒に摂取するようにすることと、長期間の使用を避けるようにしましょう。

さて、もう一つのボルタレンですが、ロキソニンで効果が薄いときに使う薬として、病院で処方されることがあります。冷や汗や息苦しさ、意識がもうろうとなる可能性もあります。また胃痛、嘔吐、吐血、下血などが見られたり、発熱、発疹、手足顔のむくみ、目の充血などが起こることも。

下腹部不快だったり腹痛、便秘、下痢などは起こりやすいと言われています。何か少しでも不安があったら医師に相談することになります。しかし

薬はどれもある程度の副作用がある

と考えるべきであり、あまり不安に思うより早く改善するためにも、医師の言うことを守ることが重要ではないでしょうか。あとは病気の早期発見と予防が重要になります。




痛風の最新治療薬


【関連記事】
痛風とサプリメント


痛風の症状を自宅で改善する方法!